株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



■ 儲ける方法3-7■ 記事No.5007

2013-10-16-Wed  17:42:02

儲ける方法1
儲ける方法3

その他は右メニューカテゴリから選べます。
初心者用なので、ベテランの方はもっともっと読んでください。




SESC 証券取引等監視委員会は、金融庁の監督下で、証券市場を監視している。

すこしでも、インサイダー、不正価格操作は、許されない。

それは、adobee の製品が全く安く買えない価格カルテルの中に平気で入っているのとは
訳が違う。
きっちりと、不正な操作は監視される。

それで、唯一、まっとうな市場が形成されている。
ただ、前回にも述べたが、これらが、たの市場の不正な価格操作に影響されてしまうのまで
防げない。

それは、今の、米共和党の、国民の生活を犠牲にして、政治の駆け引きを行い、それにより
株価が乱高下してしまうのと同じだ。

それを話すと、いつものもっと深遠な、悩んでしまう、
この宇宙は、28%の既存の物質と72%の全く分かっていない、ダークマターによって
成り立っている、という話につながり、

ダークサイドは、スターウォーズの中だけでなく、この世の今現実に存在していることも
覚えておかなければならない、という、話になる。

この話は、聞いても、何も解決できないが、

知っているということは、高貴である。

FXは悪い、しかし、そこで戦わないといけない、
先物は、悪い、しかし、それで世界の金融は成り立っている、
政治家は、悪い、しかし、我々は政治家にはなれないのだ。

さて、話を戻せば、

株式市場は、それでも、影響が直接くることが少ない唯一の市場だ。

もう一度言おう、

失敗することはある。
それが続くこともある。
成功することもある。
それが続くこともある。

しかし、それらの原因を知らなければ、勝ってなお、負けが確定しているようなものだ。

間違ったのか、たまたまなのか、負けたが正しいのか??

それが全てだ。

では、株式市場の話に移ろう。

株式市場の、もっとも大きな原則はなんだろう??

株は、なぜ、上がるのだろう??

答えは、簡単で、しかし、この答えを知らないと、評論家になってしまう。


続きを読みたい方は

をクリックしてください。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ