株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


■ 700万人突破記念 モンタナバンドの秘密 3 ■■■ 記事No.4917

2013-09-14-Sat  14:36:39

モンタナバンドの秘密
1:http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4911.html
2:http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4916.html



経済指標で使われる移動平均と株式市場で使われる移動平均は違う。

何が違うのか?

その答えは

経済指標自体は、移動平均線を気にしないが、



株式市場自体は、移動平均線を気にしている、

というところだ。

つまり、経済指標は、経済活動そのものの延長であるが、
株式市場は、移動平均線の延長上にある。

つまり、明日の株式は、移動平均線を見ながら、動いている、ということだ。
経済指標自体は、移動平均線の影響を受けない。

これが、実に、根本的な問題であり、大きな違いなのだ。

このポイントを捉えずに、移動平均線を考えてはいけない。

そもそも、市場の移動平均線とは、

科学にでてくる、移動平均線とは違う。

それは、夏を向かえる前の、気温の温度変化とも、
平衡体温を予測して、開始1分で、体温を表示する方法とも、
もちろん、松屋の牛丼売上げ下降トレンドとも、

移動平均線の意味合いは全く違う。

株式市場は、移動平均線自体を、見てしまうのである。

さて、そうなると、市場に使う、

テクニカル分析のそれは、


科学 では ない

ことに気付こう。

しかし、それを知ってなお、だからこそ、その剣を、うまく使うのである。

一般的には、だれも、このことに触れずに、

移動平均線を使う。

そこに、本当の答えはないのだ。

つづく・・・・

--次回、それでも、移動平均線は王様 か---

続きを読みたい方は、↓をクリック。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ