株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

■■ パレートの法則でつながる働きアリとファンドの秘密 ■■ 記事No.4879

2013-09-04-Wed  00:38:57

バブルの時期を思い返すといつも出てくるのは、

プリプリのDiamonds と アリとキリギリスの話だ。

Diamonds は、まったくバブルの頂点における若者の気持ちを唄っていた傑作であったが、
このアリとキリギリスの話もバブルならではの話であった。

アリとキリギリス:
キリギリスは蓄えもせず、毎日遊んでいました。
しかしアリさんは夏の暑い日もせっせと働いて蓄えをしていました。
いよいよ冬が来て、食べるものもなくったキリギリスは自らの無計画な行動を
悔やんで、アリさんのもとに助けを求めに行ったのです。
すると、どうでしょう。
アリさんは、なんと、過労死していたのです。

さて、このパロディーがまかり通るくらいのバブルであった訳だが、いま、この話は
少し進歩して、アリとキリギリスから

働きアリに焦点が移っていく。

こんな話を聞いたことがあるだろうか。

女王蜂を中心として形成されるコロニーには、それぞれの役割をこなす働きアリがいる。
しかし、その働きアリの働きをカウントすると、実に2割はほとんど働いていない。
働きアリのうち、本当に働いているのは、8割なのだ。

そして、この実験は、さらにこう続く。

そのコロニーの働きアリのうち、働くものばかりを集めて別のコロニーを作り、
また
働かない2割のものばかりをあつめて、別のコロニーを作る。

すると、なんと、この新しいコロニーでも、それぞれ
働くアリが8割で、2割は、働かないという。
つまり、全く同じ分布が再現されてしまったのだ。

この8:2の分布が、
パレートの法則、と同じなのだ。


パレートの法則:
所得分布の経験則。
2割の金持ちが社会全体の所得の8割を占めるという経験則。
マーケティングなどさまざまな分野で応用されている。

この法則をマーケティングにあてはめると
・全商品の上位20%の商品が売上げの80%を占める。
・全顧客の上位20%の顧客が売上げの80%を占める。

全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している。
イタリアの経済学者・社会学者であるヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が、
1986年に論文の中で発表、
彼は「社会全体の所得の多くは一部の高額所得者が占めているが、それは国や時代の制度の問題ではなく、
一種の社会的自然現象である」と主張。



この社会的自然現象が、アリの世界で分布していることが非常に面白い上、

なんとあなたの会社を見渡しても、同じなのだ。

「その部署は、優秀な社員2割が、働かない上司の給与を支えている」
ことにも同調するだろう。


さて、では、この分布は、ファンドとどう関係してくるのだろう。
働きアリの例を出したのは、単なるパレートの法則8:2を表現するだけでなく・・・

つづく・・・・


次回記事 予告

■■ パレートの法則でつながる働きアリとファンドの秘密 2■■
(アリのコロニーとファンドは同じだ)

↑ を読みたい方は
↓をクリックお願いします。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

パレートの法則

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。