株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

風立ちぬ と ひこうき雲 の 長い話 1 記事No.4820

2013-08-19-Mon  08:20:26

今年の映画は、去年から、

「スタートレック2」と決まっていた。
それ以外の大きな期待を持てるなら、「スーパーマン」だけであると思っていた。

ともに、どちらも、リメイクではなく、リブートの作品だ。

スタートレックは、今週末公開であるが、すでに先行ロードショーを見てきた。
今回、それが、このブログのタイトルにならないのが、残念だ。

さて、そのスタートレックをいつも期待して、予告編を見ていた日々であったが、
その予告編より、多く見せられたのが、この「風立ちぬ」だ。

ジブリを飛ばして見てきて、不正解ではなかったと思っているが、
この「風立ちぬ」は別の意味を持つ。

沢山。

まず、風立ちぬ の 「ぬ」 は、
「風と共に去りぬ」Gone with the wind の 「ぬ」
と同じく、完了系の助動詞で、決して否定形でない、って古文で習ったことを思い出した。

同時に、この言葉は、まちがいなく、それまでは

松田聖子 の 風立ちぬ であったはずだ。

この曲で、当時おそらく忙しかった彼女は、一発で録音を終え、その中で繰り返された
フレーズ、

さよなら さよなら さよなら

の三回のさよならの、同じ 音符の歌詞を 別の声質で歌い上げていた、ということを
大分経ってから気づき、彼女の才能に改めて驚いた。

もし、カラオケでこの歌を歌っている人がいるとすれば、
この3回の同じ言葉の最後で、本当のさよならを表現する歌い方を心がけるべきだ。

ただし、これは、脱線だ、ただし、また、脱線にしても、この歌を改めて聴いたら、
それでもこの部分は素晴らしいので、

風立ちぬ 松田聖子

でググってもらいたい、あえてリンクを張らない。
ここは、この先の話だ。

次に、この タイトルが、実は、もっと古くからあった
1938年に発行された小説のタイトルであったと分かって、時代と共に、言葉は、
色々なものに関連づけられるものだと思ったが、

オリジナルのタイトルにそった小説が題材だと聞いて、また綺麗な戦争ものか
と思って、見ないことを決めた。

それでも、繰り返されるこの広告は、洋画を見る度に、飛ばしてもらいたい場面であった。
見たいのは、スタートレックとスーパーマンの予告なのだから。

ジブリの映画なと、「千と千尋」が頂点で、それだけでいい、と思っていた。

だから、この「風立ちぬ」は、戦後の背景が描かれていたとしても
見ないであろう、それが、アベノミクスと関連があったとしても、
それでも見ないであろう、と思っていた。

それでも、Yahoo の映画評の投票でこの映画をチェックしたのは
もう一つの興味が、消えなかったからである。

いくら、予告で、つまらない幻想シーンを見せられても、興味はない。
しかし、繰り返されたこの予告で流れていた

主題歌 は、違う。

それは、ユーミン、荒井由実の ひこうき雲 だ。

なんで、なんで、なんだろう。
この古い曲は、背景に合っていたからなのだろうか。
それでも、ここで、ユーミンでなく、荒井由実の時代の曲が選ばれるのも不思議だし

それ以上に、最高の興味を引いたのは

巡り巡ってこの曲が、我々の耳に、到達した、ということだ。

それを追っていくと、なぞが解けていく。

つづく・・・・・・


続きを読みたい方は以下をクリックください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
































関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

日々雑感
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。