株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

上質なときめきを求む 1 記事No.4809

2013-08-13-Tue  12:23:02

お盆なので、リラックスできる方法を。

都内は全く車がない。
私の父の自慢の写真は、ハレーダビッドソンをバックに、三脚で撮った自画写真であったが、
自慢なのは、それが、ハーレーというブランドあったわけではない。

それが、首都高の上の真ん中の道路で、昼間、三脚で撮った、ということろだ。

日本は、こうだったんだと、そう聞かされた。

それから、40余年が過ぎたのだ。

車がなくなる、お盆と、正月には都内は、もっともドライブに適した街になる。
それは、遙か昔を見た気分だ。

それでも、居残り派は、例のTUTAYA代官山店に押し寄せて、雑誌を読んでいる。
火曜日なのに、満席だ。

もし、この都内を離れて、リラックスを求めるとすれば、どうするだろうか。

海外の海のリゾートに行くか、それとも、ひっそりと山に遊びに行くか、どちらからだ。

1_2013-08-13_11-52-08.png

さて、今回は、この後者のお話だ。

もっともリラックスできる場所、それはどこか??

それは、以前は、ふたつあった。

一つは、箱根の桜庵だ。
ここは、バブル時に開業して、たいそう良い作りだった。

部屋、というより、露天風呂が、崖と、川を、覗ける位置にあり、大きなヒノキ風呂で
風と、鳥と、山と、川の声を、最高の状態で聞くことができる。
いや、できた。

それが、残念ながら閉鎖となり、最高の一つを失った。

各種方面で、この音以上の、この風以上の、リラクゼーションを求め続けたが見つからなかった。

ただ、その桜庵が、あの星野リゾートで再建されたというので、それは、大変な興味となっている、
まだ行ってはいない。
ともかく、箱根で、最高であった一つは、失われた。

強羅花壇は

1_2013-08-13_12-07-26.png

定番かも知れないが

1_2013-08-13_12-08-22.png

水の音が必要だ。

なぜなら水の音、風の音は、ピンクノイズでできている。

オーディオ好きなら、ホワイトノイズを一日中聴いて、部屋の反響をフラットにするために
イコライザーと格闘し、そして、周波数を平坦にしたあと、その音を聴いて、絶望していった
経験があるものだが、そのうるさいホワイトノイズではなく、滝の音はピンクノイズででてきている。

そこには、ノイズの周波数に強弱があり、自然の揺らぎを含んでいる。

滝の音が、心地良いのは、そのためだ。
そして、それらからもまた、マイナスイオンが大量に発せられるのだ。

そう、その音を聞くには、桜庵に行くか、滝のそばで寝るかしかない。

さて、それが、叶えられないときは、もう一つ、リラックスの頂点であろう旅館が
山口にある。

ただ、残念ながら、九州も、山陰も、この大雨で、交通が断たれた。

それで、残るは、はやり、新しい、水の音、探しとなる。

癒やし、リラクゼーション、休息、無想無心。

平常の、世の、ストレスの山に埋まるには、どうしても、自然の力が必要だ。

では、その音をどこで手に入れるか??なのだ。

つづく・・・・

続きを読みたい方は、拍手をクリックください。




関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

日々雑感
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。