株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

ご質問を頂きました。 記事No.466

2007-09-07-Fri  23:04:52

日々時間を取れず、ご質問に全てお答えできなくて、申し訳ございません。
本日は以下のご質問にお答えします。



件名 : 指数取引の影響が

日経先物の売り買いが裁定取引とかインデックス売買とか225構成銘柄の個別株価に反映するであろうことまでは分かるが、なぜ銘柄によって寄与率の偏りがあるのかそのカラクリがよくわかりません
ほんの数銘柄のみ激しく動き、あとは我関せずの様な感じをうけます

nakane:一辺に均等に動かすより、集中して資金を投入した方が、銘柄は
大きく動きます。
バランスより、値幅を取るとすれば、高値圏の銘柄より、売りたたかれた銘柄を
一気に買った方が、効率よく上がります。
(反対の売方が少ないが、高い銘柄は、売り方が多いから)
よって、なりふり構わず、上げていくのは、値がさ、品薄、相手なしの
銘柄に仕掛けた方が効率がよい、と考えます。


本来、個別株価の集約が日経平均であるはずなのに、先物の売買が個別株価に変動をもたらす仕組みがある以上、指数取引のボリュームが大きくなると225構成銘柄の個別株価はただただ寄る波に身を任せているものと理解するしかないのでしょうか

nakane:本来の先物の役割は、現代相場では、失われています。
平均的に言えば、寄る波に身を任せているしか、ありません。
ただ中期では、トレンドのサイクルに相当の差がでます。


本来ヘッジであるべき先物取引が相場を引っ掻き回すことになっている現実は如何なものかと思うのですが間違っているのでしょうか

nakane:面白いことに、もし、先物がなければ、引っかき回されて
急落もないかもしれませんが、そのかわり、急落前の暴騰もありません。


現代相場は、ある者有利になるように作られいます。
投資家は、それら見えない敵と戦って行かなければなりません。

市場を操ろうとする敵と、欲望に誘惑される自分という敵と。

後者の方が、強敵であることは言うまでもありません。
「相場のこころ」は本当の強敵との戦いの物語です。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

疑問質問

コメント

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。