株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

オーディオ巡礼 ヘビーローテーション 3 記事No.4576

2013-05-19-Sun  09:20:38

オーディオ巡礼 なんてタイトルを付けるのがおこがましいほど、このタイトルの本当の主
五味康祐は偉大だった。

日本で最もいい耳をもった、作家、オーディオ評論家、いや音楽愛好家であった。

亡くなった叔父は彼を慕っていて、その影響もあって自分は、音楽に引っ張られた。

オーディオから、音楽の世界へ引っ張り出してくれたのは、彼のお陰だ。

すでに二人ともいないが、すくなくともクラシックを語る上で、彼、五味康裕と
吉田秀和をおいて、他にはいない。

音でなく、音楽を聴くという意味を彼らは十分に語っていた。
部屋の改造なしに、JBLは意味がないと悟ったのは、自分の世界を正しい方向に導いた。

さて、しかし、クラシックを語るというつもりは、ここではない。
副題がヘビーローテーションであるし。

叔父は、クオードのアンプが好きだった。
真空管が好きという、その真空管は今でも一部に人気がある。
自分はその音を認めないが、それは趣味の世界で、立ち入るところではない。

その叔父が当時の主流であった、

綺麗な音、について、こう言っていた。
歪みを表す、歪み率や、回転の精度を表す、ワウフラッター の数値競争は
当時の主流であった。

ビートルズなんてね、エレキギターでね、あんなの、歪みって意味からは
めちゃくちゃだよ、なんて言ったって、

歪んでいるところが いいのだから。

そう、歪んでいるからこそ、エレキギターなのだ。
そうして現代は、片方で

歪んでいるものを受け入れたいったのだ。
それは、同じ歪みでも、バイオリン名器のストラディバリウスのそれとは違う。

人工的なノイズに近い倍音で形成された歪みが、エレキのそれだ。
それは、異なるが、必要なものであった、ということだ。

さて、その歪んだ音が何ともいいことになった。
そうした、一面を捉えるのは、すべてにおいて必要なのだ。

では、「ヘビーローテーション」のそれは何か?
この曲は老人はほとんど知らず、しかし、聞いたことのある曲だ。

この48のメンバーの動きに目を捕らわれないように、主旋律を聴いてみよう。



純粋にメロディーが入って来た。
そして、このメロディーが、株価の動きを表すのだ。

このメロディーで進んでいる。
しかし、感じておくべきことは、この側面ではない。

つづく・・・・・・・・

続きを読みたい方は拍手をクリックしてください。

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

オーディオ巡礼

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。