東京総合研究所の株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

すべての道はローマに通ず 3 記事No.4349

2013-02-19-Tue  10:49:47

ここでは、地図の話の続きだ。

だれもが、目指す到達地に行くために、方向が必要であり、道が必要だ。

コンパスが、移動平均だとすれば、その上に見えてくる地図は、ボリンジャーバンドだ。

ましてや、カオスと欲望が支配する、この相場と言う魔界に、地図なくして望めるはずもない。

自分は間違っていないか、この道は、行き止まりではないか?

それらは、この地図が判別するのだ。

では、この第1候補である、道を示す、ボリンジャーバンドを分解していこう。

パナソニック(6752) 週足
1_2013-02-19_08-48-06.png

真ん中にある緑の線は、26週移動平均線で、その上が、赤い線で、シグマ1と呼んでいる。
その上の線は青い線でシグマ2で、さらに上がまた緑でシグマ3だ。

色の規定はないが、シグマは、通常1、2、3と使う。
では、このシグマは何か?

シグマとは、どれくらい、相場が荒れているか、を示す尺度の一つで、
シグマ1は、過去の相場の標準偏差の値となる。

通常は、26週分を使う。

よって、26週間の相場が、まった動いていなければ、シグマは0となる。

たとえば、次の表は、

株価が101円から125円まで、26週間で1円ずつ動いたもので
もう一つは
株価が501円から525円まで、26週間で1円ずつ動いたものだ。

1_2013-02-19_09-21-43.png

この場合の標準偏差は7.21で、どちらも同じばらつきで、同じレベルの相場の

荒れ方、だということを示している。

それで、この場合どちらもボリンジャーバンドのシグマは7.21だ。

では、どちらが、荒れている相場なのか?

それは、シグマは変わらないが、株価に対してのシグマは、初めの(左)株価のシグマが大きい。
よって、投資をするなら、左の株価、ということになるのだが、

チャートで描けば、これらは、同じレベルのシグマ1、2、3が描かれる。

標準偏差、という言葉を、ばらつきと言う言葉に替えて覚えていればいい。

とにかく、平均値から、ばらつき1の範囲が、赤まで、2の範囲が、青までだ。

そこで、1とか、2に入っている株価は、1倍から2倍、株価が荒れている位置にいる、
ということが分かり、

それは、株価の動きにエネルギーが入っていることを意味していている。

このエネルギーがずっと続くと、そう、道になるのだ。

通常、1から2に入っていると道となる。

このパナソニック(6752)の例では、道を走っている間、買い、または、売りになり、
その他の場所では、見送ることが必要となる。

そして、時々触れていることだが、この道には行き止まり、がある。
それが、シグマ3だ。

パナソニック(6752)でいえば、376円と、781円がこれにあたる。

どうだろう、はっきりと分かりやすい地図ではないだろうか。

この地図をみながら、移動平均線が向かう方向にすすむのだ。

では、次は、このバンドで、先物、とかを見てみよう。

1_2013-02-19_10-47-02.png
こんなバンド(日経225先物、本日の30分足)だったら、どうすれば。

つづく・・・・

この続きを応援いただける方は
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村 にクリック頂けると嬉しいです。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

すべての道はローマに通ず

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。