株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

都内で一番おしゃれなところ 記事No.4316

2013-02-11-Mon  13:59:30

今、一番都内でおしゃれなところはどこでしょう??

先日TVを見ていたら、昔、我々の世代がおしゃれとするところ、デートに誘うところは
青山の、キーウエストクラブだった、と川合俊一が言っていましたが、
彼が言わなければ、思い出せない単語になっていました。

彼が、下見に、男同士で行ったんだ!と言ってましたが、私も、男同士で行って結局
女性とは一回も行かなかったことを思いだしました。
1984年に閉店したそうですが。

さて、その5年後に、日経平均はピークを付けたバブル頂点に達したわけですが、
バブルは思ったより、短いものです。

話は変わって、では今、一番、おしゃれな都内、はどこでしょう?

それは、圧倒的に、ツタヤの代官山店でないか、と思います。

たとえば、朝

1_2013-02-11_12-14-09.png
1_2013-02-11_12-14-30.png

朝から沢山の、エレガントなカップルが詰めかけていますが、
いやいや、食べ物だけではなく、ここの本当の姿は、

本や、さんなんです。

海外を含めたあらゆる雑誌、あらゆる新書、ビジネス書を含めた、3ビル3フロアを占める
売り場だけでなく、

それに隣接されている、柔らな、ソファー。

これは何のためにあるのでしょう?

そうです。座り読みするためにあります。

考えたことないですね。座り読みするためにある本やなんて。

そのソファーは堅くなく、大きく、スタバも入って、食べながら、読める。

だからこんなところだから、本屋の前なのに、タクシーが、客待ちしているんです。

これほど、知的好奇心を刺激される場所、本屋カフェ、はありません。

もっとも、おしゃれ、とはそういう意味です。

もちろん、すべて、DVDも借りられます。ツタヤ各店舗のなかで、もっとも安い価格で。

夜はみんあ、PCを使いながら、新書を片手に、仕事、している人も多く。
まあ、なんとおしゃれなんでしょう。

みなさんも、どうぞ、その好奇心をくすぐられて下さい。

あと、余談ですが、先ほどの歌は、頭の中をぐるぐる回ってしまうでしょう。
そういう曲は、いいものですね。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

日々雑感
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。