株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

本年を振り返って3 記事No.4161

2012-12-13-Thu  16:47:56

本年を振り返って1

本年を振り返って2




生き残るために、仕方ないが、それは、許されざるシステム。
それらの制定は、官が民に対して唯一、許している逃げ場だ。
それも、公平なネットでの攻撃があれば、またも、つぶされていくが、それまでは稼げる。

なにもかもが、デフレの状態で、官と民との密約も切れ、官が逃走するようになってから
残された民にできることは、

グレーゾーン で死ぬほど稼ぐ

ということしかない。

それが、たとえ、正義からかけ離れたものであってもだ。

それらは、各金融市場でえげつなく行われているが、我々の調査で、とくに一般投資家に
極めて目立っていたのは、fx取り引きであった。

2008年のリーマンショックまでは、fx業者は、個人の400倍のレバレッジを許し
このようなことをやっていた。

100円のドル円を1000万円分買うのには、1000万 割る 400 で
2.5万となる。

つまり、2万5千円あれば、10万ドル買える、訳だ。

もちろん、これが高金利通貨なら、400倍の利子(フワップ)を受け取れるわけだ。
そして、もちろん、これは、下がらなければ、だ。

実際に計算して見ると

100円で1000万円(10万ドル)
101円で1010万円

と1円動くと、2.5万円の投資は、4倍になる。
もちろん、逆に行けば-10万円だが、ここでfxのティピカルなルールとして
こういうものが、問題になってくる。

証拠金率が100%を割れた場合、ロスカットになります。
強制決済される、ということだ。

これはどういう事だろう。

たとえば、
2.5万円入れていたとして、10万円マイナスになる方向に動いたとしても、
口座に3万円しか、入れていなければ、5001円マイナスになったところで

口座の残金は3万円引く5001円で、24999円となり、
25000円を割り込み、25000円が、10万ドル維持のための証拠金(400倍)であるため
証拠金率100%を割り込んでしまい、強制決済になる。

いいところは、投入した部分までしか、損をしない、ということだ。
それも証拠金の額までだ。

だから、ポジションが、決済されても、ほぼ同じポジションが取れる。
2.5万円が、12.5万円になり、しかし、急落して、ドルで10万円分マイナスに
動いたとしても、途中で強制決済され、2.5万円、正確には、手数料がかかるから
24000円くらい残り、もう一度、同じ量のポジションが建てられる。

他の信用取り引きでは、追い証=非常に悪い印象の言葉、がでて、資金を入れないといけないの
だが、fxでは、ポジションが、瞬時に切られるのでその必要はない。

まあ、ここまでは、とてもいい話だ。

現に、3万円を、KEIBAに突っ込むなら、ユーロ円が、どちらにいくか、かけた方が
面白い。
オッズは、200円(2倍)とかかも知れないが、それでも、面白い。

なぜが??

JRA=胴元 がいないから、儲け金に手数料=シャバ代 がほとんどかからないから、だ。

で、ここまでもいい話だ。

もう一度繰り返し読んで、続きをまってください。

つづく・・・・・・


続きを読みたい方は、拍手をクリックしてください。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

日々雑感
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。