株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

そうだ、京都、行こう。4 記事No.4073

2012-10-24-Wed  02:07:58

この時期の京都は時期はずれて、非常に空いている、
鴨川も賑わいもなく、ゆっくり過ごせる。

1_2012-10-24_00-53-34.png

さて、注目の夕食となった。

先附
1_2012-10-24_00-56-15.png

驚きを持ってむかえた、お茶菓子のわらび餅から期待はなお高まった。
さすが、5点満点の食事が期待できたからだ。

もし、そのレストランで、実力を知る一番早い方法は、前菜を頼んで見ることだ。
ごく普通のだ。
その前菜に、あっ、と言わなければ、そこのレストランのメインにも驚くものはでてこないものだ。
もし、相当に高レベルなら、

そう京料理なら、先附にあっと驚くはずなのだ。

そう期待して食べた先附であった。

このあとの料理は、すべて、この先付にならったレベルとなった。

1_2012-10-24_00-57-16.png
1_2012-10-24_00-57-29.png
1_2012-10-24_00-58-11.png
1_2012-10-24_00-58-32.png
1_2012-10-24_00-58-45.png
1_2012-10-24_00-59-00.png
1_2012-10-24_00-59-14.png
1_2012-10-24_00-59-29.png

ここでしか食べたことのないもの、そういう味も、技も、ない京懐石。
文句はない、5000円だったら。

食べながらよくよく考えた。

なぜ、高得点だったのだろうかと。

評価には、好みがある。
しかし、好み以前に基準というものがあることは前回お話しした。

もし、この料理を最高峰とするのなら、

湯島 くろぎ
1_2012-10-24_01-28-56.png

には、熱意と、相当のコストパフォーマンスを感じるだろうし、
九州のなだ万なら、もっとそれを感じるかも知れない。

そういう、何かの意味での驚きはなかった。

ただし、絶対値が悪いというものではない。

デザートと
1_2012-10-24_00-59-29_20121024013201.png

朝食は
1_2012-10-24_00-59-55.png

非常に、素晴らしかった。

柊屋
1_2012-10-24_01-19-31.png

食事は、柊屋と比べるのなら、若干こちらの方が上か。朝食は絶対上。

さて、もう一度考えると、

どこで、私が間違ったのか、というと、旅館の料理が、専門店の料理を上回っている、という
矛盾を信じたことにある。
考えて見れば、同時に、沢山作るという時点で、対面で作る食事に勝ることは難しい。

考えてみれば、そうだ。
ただ、食べログで、そんな点がついていたのは、はやり情報が基準なしに流されてしまうから
でもある。

食事は、それで、それでも、俵屋 優勢としたい。

では、ここにもう一度、戻るか、と言えば、そうならないだろう。

一度体験する、それで十分に、私には映る。

京都なら、グランビアにとまって、東山か祇園の京料理か、と思う。

ただし、昨年訪れた、その、柊屋は、なにか、まだ残っている気がしてならない。

文豪、川端康成の定宿とされていたこの柊屋は、最後に、大女将がでて、挨拶をしてもらったが
宿については、何も誰も、語りかけてくれることはなかった。

帰りのタクシーの運転手は、この宿「柊屋」にいてこう語った。
ビートルズと皇族の方が以前お忍びで・・・
もちろん、大分前の話なのだが、そんなことは、そう聞くまで、どこにも語られていない。

それが、京都の老舗旅館の奥ゆかしい、誇り、ってものかも知れませんね、

そういう彼の話に、非常に納得して後にしたことを思い出していた。

どうしても、もう一度泊まるするなら、

ビートルズの泊まったあの部屋かな。
1_2012-10-22_11-03-45.png

とすると、やっぱり、最高の宿は、「柊屋」か。

京都最高の宿は、柊屋でいい。

それにしても、情報は、つねに、誇張され、真実と、まざり、価値あるものをつかむのは難しい。

それは、料理だけでなく、裏のある経済ニュースも、やらせの統計も同じだ。

ただし、宿ということに限れば、JTBのサイトの評価や、一休の評価は使える。

なぜなら、食事と違って、わざわざこのサイト経由で宿泊した人間しか、評価を書けないからだ。

今回は、JTBだけが、柊屋の評価を、俵屋のそれより、上、にしていた。
非常に納得のゆく意見が多い。

みなさんも、まだ、ここは大丈夫なので、参考にされたい。

一休(2450) サイトhttp://www.ikyu.com/biz/
1_2012-10-24_01-57-19.png

最高益更新、という意味もこのサイトで感じられる。
本当のものは、いつの時も評価は良いものだ。
JTBのサイトと使い分けるのが、非常に便利。

長い文章にお付き合い頂きました。
情報の、見方、取り方、信じ方、の参考になれば、幸いです。

いつの日かまた、たわいのない選択の話題、でお会いしましょう。

そうだ、京都、行こう。 おわり・・・・

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

そうだ、京都、行こう。

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。