株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

儲ける方法 Part2-5 記事No.3941

2012-06-22-Fri  17:27:23

儲ける方法 Part2 

Part1を読んでいない方は16回の連載分をまず読んでください。

儲ける方法 Part2-1     

またこの連載では、もっとも有利にトレードを行うために 最狭スプレッドのFX口座 をおすすめしています。




さて、まず、前回4を読んでください。
問題は、こうでした。




ここで、一つ質問です。

なぜ、スプレッドは広がるのでしょう?

これは、



重要で、大切な質問です。
この答えに、あなたは、失望し、そして、それは、あなたを逆に、新たな投資行動に
推し進めるでしょう。

スプレッドは、なぜ広がってしまうのか。が問題です。




答え

まず、ここで、あなたは、100円でポジションを持っていたとします。
買いです。

しかし証拠金の関係で、99.50円でロスカットになるとします。

価格は100円のままです。
あなたのポジションがロスカットになる可能性はあるでしょうか。

 答え;あります。

なぜなら、BID=売れる板の価格 が、99.50になってしまうからです。

え、100円なのに、スプレッド0.5銭なのに??

そうです、スプレッドは広がってしまうのです。

では、本題の答えです。

スプレッドはなぜ広がってしまうか?

それは、あなたのポジションをロスカットに導くためです。

え??

価格が下がったからロスカットになったのではないの?

そういう場合もあります。
しかし、スプレッドが広がれば、価格を下げずして、あなたは、一瞬だけついた
異常なBIDの値段で、裁かれてしまうのです。

さばかれて しまう。

私には、FX経験者が、このブログの向こうで、うんうん、うんうん、とうなずいているのが
見えます。

あなたが初心者なら、実感しません。
いや、それを実感させないために、この連載はあるのです。

スプレッドは、広がります。
それは、価格を動かさずして、ロスを呼び、そのロスが、価格を誘導し、そして、また
スプレッドは広がります。

なんということでしょう。
そして、最小スプレッドを提示するFX業者のこういう部分を見つけてしまうのです。

1_2012-06-22_17-15-11.jpg

↑ やむを得ず、スプレッドが・・・・・

いや、やむを得ずではなく、戦略として、狙っているのです。
あなたのロスカットを。

もう一度、こんな5分足を見てみましょう。

1_2012-06-22_17-18-55.jpg

これは、あなたが、

ロング でも

ショート でも

飛んでしまうことを意味しています。

ですね、都市伝説では、ないのです。
せめて、この連載で、知って下さい。

儲けるために、まず、知らないといけない 罠 があります。

もう一度言いましょう。


儲ける方法は一つでも、
損する方法は、山ほど沢山あります。

よって、その山を排除しない限り、あなたは、生き埋めになるのです。

これで、ようやく、2つの大きな山を排除しました。

無駄を省け。
余計なことをするな。

これは趣味でなく、戦いなんです。

次は、戦略会議です。

つづく・・・・・

(続きを読みたい方は、拍手にクリックお願いします。)

ともかく、10万円以下の資金の方は、例の口座を開いて、有利な環境を整えてください。

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。