株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

儲ける方法 Part2-4 記事No.3930

2012-06-14-Thu  01:31:53

儲ける方法 Part2 

Part1を読んでいない方は16回の連載分をまず読んでください。

儲ける方法 Part2-1   





さて、前回、不正取引について書きました。

それは、不正と言う言葉は、裏でうまく使えば、つまり、法に触れなければ、魅力ある言葉に
なります。
不公平と優遇は、同じ言葉の種類なんですから。

それで、不公平に取り引きされ、それが、あなたのために、なれば、いいのです。

が、FX市場は、そんなあなたを逆に騙しに行きます。

だまされないで。

たとえば、スプレッド最小で固定、といううたい文句があったとします。

これを見て下さい。

1_2012-06-14_01-02-09.jpg

スプレッドは、いいです。
しかし、ここの表の下部に書かれている小さな部分をみてください。

時間帯 9:00-3:00

です。
そうです、この時間以外は、スプレッドは拡大されます。

こういうかも知れません。
その時間に取り引きしないからいいもん。

もちろんそうです。
しかし、この例だけでなく、もし、あなたが、大きなポジションを持ったままであったら
どうなるか、それをお話ししましょう。

今、その通貨は100円だとします。

100.000カイ 100.005ヤリ の
0.5銭の小さなスプレッドだったとします。

もちろん、時間が、朝になれば、このスプレッドは遙かに大きくなります。

あなたのカイのポジションは、100円では、大丈夫、でも99.50になれば、
自動的なロスカットにかかるとします。
でも、大丈夫、寝る前は、100円で、朝、5時に寝ました。

朝7時に、早くも起きるあなたは、2時間だけ睡眠を取るとします。

朝がきました。

値段を見れば、100.20です。
しめしめ、あなたは、そうつぶやきました。

しかし、あなたのポジションの評価額を見て、驚きました。
あならの、ポジションがありません。

ログインし直しても、同じです。
あなたのポジションはもうないのです。

なぜ、って、ロスカットされていました。
何もない時間帯に。

チャートを見ていると、

1_2012-06-14_01-17-53.jpg

なんということでしょう。
あなたの、ロスカットの 99.50が安値です。

そうです。
なぜ、でしょう。

これが、あなたにとっての、不正取引、なのです。

ここで、一つ質問です。

なぜ、スプレッドは広がるのでしょう?

これは、



重要で、大切な質問です。
この答えに、あなたは、失望し、そして、それは、あなたを逆に、新たな投資行動に
推し進めるでしょう。

スプレッドは、なぜ広がってしまうのか。が問題です。

つづく・・・・・・

(続きを読みたい方は、拍手にクリックお願いします。)

ともかく、10万円以下の資金の方は、例の口座を開いて、有利な環境を整えてください。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。