株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

今後の資産運用はどうあるべきか。3 記事No.3727

2012-03-08-Thu  23:46:28

過去までも訂正されてしまったら、確定した事実に基づく資産計画なんてなんの役に立とう?

唯一、残っている方法は、その資金を性格の違うものに分配させておく、ということだ。

たとえば今、ユーロ、金、は連動している。
たとえば今、債券と、株は、逆連動となっている。
たとえば今、不動産と、景気指数と、金利は、連動している。

これらの中から、短期的でなく、長期的に、連動しない分散を見るける、ということだ。

それ以外では、短期運用しかない。

今の世の中をさらに知りたいなら、こんな本を読むと、さらに絶望的になる。

_2012-03-08_02-07-05.jpg

これを読んだ二つの絶望は、支配者は、いつもNEWSを作り、市場を誘導し、自らだけが儲ける、
ということと、

もう一つは、上下二巻800頁にも渡るこの分厚い内容に書かれていることは
初めの10頁で十分であったことが、読後分かるということだ。

彼らは自由に、市場を作り、国を危機に招き、そして精神もろとも買収する。

さて、こんな世界に生きている我々は、何を選択したらいいのだろう。

たとえば、ブランド。

もし、資産運用を、小市民的に、節約、という概念中心に捉えれば、こういう考え方に行き着く。

まず、資産を、すこしでも、保全するために、買い物は控えるが、それでも買いたいときは
ブランドものにする。

ブランドにするときには、デザインや、憧れ、でなく、市場流通性を第一に考える。

簡単に言えば、車の色は、白がいい、ということと同じ。

ヴィトンは、なんでもいい。

鞄なら、ヴィトンか、エルメスか、シャネルにする。

時計なら、ロレックスか、パティックにする。決して、ブルガリとか、買わない。

宝石なら、2割を覚悟して、それでも、カルティエか、ヴァン クリーフにする。

服は、高いのは買わない。ユニクロで。

とにかく、後、のことを考えると、こうなる。

ただし、これは、増えるというものでなく、使いながら節約、ってものになる。
まあ、それでも、銀行預金の0.1%の差を気にするなら、持ち物は、選択しないといけない。

だが、やはり、ヴィトンは売るために買う物でもないし、私の昔のA型の同級生のように
初めての彼女へのプレゼントに、田中貴金属の、金貨ネックレスを選ぶというのも、
許されないときもある。

だいたい、それなら、別れたときには、プレゼントは返してもらわないといけないので。

さて、資産運用では、ヴィトンのような、換金性を求めるなら、
まず、不動産は、落ちる。
動かない債券はキャッシュと同じなので、銀行が信じられない人は、韓国の金庫開けのチャンピオン
でも開かない金庫に入れておくしかない。
となると、換金性は、株と、通貨と先物ということになる。

短期を選択し、安全性を選び、換金性を考えるのなら、この3つに落ち着こう。

では、それらをどう運用していったらいいのであろうか?

とにかく、冒頭にお話した、世の中仕組まれているなかで、どうやってこのカオスの世界から
逃げていくか、が問題だ。

4につづく・:・・・




ヴィトン愛好家ではないが、それでも旅でお金をなくしたら、ヴィトンならしのげるか。
ロゴも入って目立つ。

_2012-03-08_01-56-47.jpg

ただし、好きなロゴを入れてくれるのなら、もう決めている。

「青い大きな文字で、 I M F 」だ。

旅先で困らないだろう。




関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

今後の資産運用はどうあるべきか
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。