株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

今後の資産運用はどうあるべきか。2 記事No.3724

2012-03-08-Thu  14:07:32

そんな、素晴らしい歌詞を残して、その時代はブラウン管とともに去っていった。
ブラウン菅はまだスタートレックの400年後の未来でも使われているのに。

同じように、時代とともに去っていったのがこの銘柄だ。

東電(9501)
_2012-03-08_02-10-29.jpg

1987年の高値は、証券会社の営業マンも買いたいという、そういう人間の心理の中で作られた。
もともと、これを買っていた、是川銀三は、この当時の円高を見越し、東電(9501)としていたが、
残念ながら、この大相場の前に撤退していた。
後年、早く歩きすぎた、と言っている。

しかし、いずれにしても、この当時から、25年後の暗黒の未来は予想できないし、またそれを
予想して動くものでもない。

近代の最後の相場師、是川銀三の言うように、10歩先を読んで、2、3歩先を歩くものなのだろう。

そして、今はなお、未来が混沌としている。

短期で結果を受け取る、もっと短期なら、毎月の配当型投信が人気なのはそのためだ。

長期投資が危ういのは、読みや、技術のせいではない。
それはもともと分からない世界なのだ。

最近の流れをみれば、なお、驚く頃だろう。

忘れかけていた、この時代に、金利がなくなっていく中で、
そう、バブルがはじけて、初めて不動産が、下に動き始め、金利が、デフレという
単語帳にはあるが、教科書にでてこない動きを反映してきたとき、

年金は、年4-7%の利回りを設定して、運用をもくろんでいたのだ。

そして、その違いを、我々は、過去にもどって、清算しなければならない。

未来、ばかりでなく、過去までも、今、混沌としてきているのだ。

我々が、相場に打ち勝つためには、何をしていけばいいのだろう。

短期の繰り返し、か、中期か、金利取りか、成長株か、速射取り引きか、

いずれにしても、10歩先を読んで、2、3歩先を歩く Vision が必要なことは確かだ。

3につづく・・・・・・・・




_2012-03-08_01-53-58.jpg

自分を見つめ直してみよう。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

今後の資産運用はどうあるべきか

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。