株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

囚人のジレンマ3 記事No.3493

2011-10-12-Wed  15:22:10

その後、市場は成熟を向かえる。

そして利得表も大きな転換点を向かえることとなる。

111012143944.gif

一方が逃げれば、相手に利益を取られる構図は変わらないが、その差は少なくなった。
それでも、均衡は、協調買い、で一致する。
しかし前回ともっとも違う点は、一方が逃げて、一方が買い続ける、という構図においては
そう対して変わらないが、もし、一方が逃げて、もう一方も逃げたとき、つまり協調売りとなった場合、
その損失は大きなものになってしまう、ということである。

このことからも、逃げれば、ある程度の利益を確保できても、双方とも、自分が逃げた後の
相手の行動が怖くて、やじゃり、買い続けることになる。

そして、市場はそうなって言っているのだ。

そして、このあと、がバブル崩壊のパターンとなる。

それは、売り逃げが、協調買いの利益を上回り、かつ、残りを引き受けた買い方の利得が
マイナスとなり、協調売りの利益を下回ってしまう場合である。

111012145319.gif

この時、双方は、相手が裏切って逃げる場合も、相手が逃げない場合も、売った方が利得が良くなるので
どちらにしても、逃げるという選択をとることなる。

そして、それが、いかにマイナスでも裏切られるより、マシ、だからである。

その時に、囚人のジレンマ1で紹介した、最適な選択したのに、全体としては最適な選択とならない、という
ジレンマで終了することになる。

ここの過程に行き着く前、それでも両者が強制的に、買い続ければ別だ。
買いの得点はさらに上がり、だれも売らなければ、さらに高得点となる。

問題は一つ。
相手の裏切りはどのパターンのポイントより、悪いポイントとなってしまうことだ。
それを承知で、強制協調していくことだけが、生きのびる道となる。

さて、これがもっと大きな経済市場であれば、話は、国と、国。
国と国民となる。

国が出している債券を際限なく、買ってくれれば、最終形が伸びていくだけだ。
この場合も、だれかが、裏切ることがもっとも早い収束を導く。

高いところに登るエネルギーは

高校で習った E=mgh mは質量 gは重力加速度 hは高さ

であるが、市場も同じだ。

ただし、gは重力加速度でなく、金利、ということになる。
金利が小さければ、登るのは、楽なのだが、高い位置で金利が上がれば、自動的にその位置を
保つのに大きなエネルギーを要することになる。

いずれにしても、人類史上もっとも大きな債券バブルは、バルンガ的解決を目指すしかないか。

囚人のジレンマ 終わり。



関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

囚人のジレンマ

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。