株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

OPの基礎3 記事No.3284

2011-07-06-Wed  08:30:46

1.4 CALLの価格特性

さて、あと3日で行使期限がくるCALL10000円が、日経平均10000円の時に
60円という価格のつく意味がわかりました。

60円なら、売り方と、買い方の需給が合う、ということです。

では、その下のCALL9750円はどうでしょう。

このCALLの実質価値は250円です。(10000-9750=250)

では、3日間に上昇するかも知れない、付加価値(CALL10000円で60円)がついて
250+60=310円がつくのでしょうか?

いいえ、この時は、ほぼ250円くらいに収まっています。

なぜなら、

CALL10000円が60円で売られているときに(日経平均10000円)

A:日経平均が10100円まで上がれば、CALL10000円は100円となります。
この時、売り手は、60円を100円で買い戻すことになり、40円の損失(買い方は40円の利益)
となります。

逆に
B:日経平均が9900円まで下がれば、CALL10000円は0となります。
この時、売り手は、60円を0で買い戻すことになり、60円の利益(買い方は60円の損失)
となります。

では、この時、同じ状況でCALL9750円が、310円で売られていたとします。

A:日経平均が10100円まで上がれば、CALL9750円は350円となります。
この時、売り手は、310円を350円で買い戻すことになり、40円の損失(買い方は40円の利益)
となります。

逆に
B:日経平均が9900円まで下がれば、CALL9750円は150円となります。
この時、売り手は、310円を150円で買い戻すことになり、160円の利益(買い方は160円の損失)
となります。

さて、この二つのCALL10000円と9750円はどう違うでしょう。

日経平均が100円上下すると 買い方は

CALL10000円は +40円 と -60円
CALL9750円は +40円 と -160円

それぞれ、利益、損益 がでます。

Aのパターンは両者同じですが、B、つまり下がったときの損失が、CALL9750円の方が
CALL10000円比べて3倍近い量となります。

これでは、CALL9750円を買う意味がありません。
なぜなら、すべての価格変動のパターンでCALL10000円が有利だからです。

極端に言えば、このような、価格構成であれば、
CALL10000円を買って、同時に、CALL9750円を売ります。

そうすれば、上がったときにはいくら上がっても、
たとえば、200円上がれば、CALL10000円で140円の利益、CALL9750円で140円の
損失となり、収益は0ですが、
日経平均が10000円以下に下がれば、CALL10000円の買いの損失は、60円で最大ですが、
CALL9750円の売りの利益は、最大310円まで伸びるからです。

さて、それは何を意味するでしょう。
それは、CALL10000円が60円の時、
CALL9750円は、310円では、高すぎて、買い手がつかない、
つまり、そういう価格では、売れない、ということです。

今のマーケットには、このように、極端に確実に取れる、価格では、売買されません。
それは、すぐに修正されるからです。

実際には、CALL9750円は、ほぼ実質価格の250円で取り引きされます。

ここで面白いことがひとつ。

もし、今、CALL9750円が、250円なら、それは先物を買うより、
CALLを買った方が有利だということです。
ただし、2日間だけですが。

つづく。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

トレード

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。