株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

連載 共通項 マイナス2 記事No.2812

2010-04-07-Wed  12:52:32

香港のオープンバス
100407121730.gif

ここでは、バスは2階建ては当たり前、これは3階建てのオープンカーならぬ、オープンバス。
香港では、限られたものに、最大限の効率を与えているのだ。
だいたい渋滞がない。

さて、時間の管理においても、素早い動きは、同じ単位内で、たくさんの顧客と接することを可能にする。
それは、サービス上は、いい悪いは別にして、もし、確定の金融商品ならいいに決まっている。

1.5%の商品でも年率複利なら
10年間で
1.015の10乗
=1.160540825025150090088369140625
となり、
100万円は116万円にしかならない。

しかし、それでも
これが月間の複利となると
一年で1.1956181714615352515612900979004
やく2割とれることになる。

もちろん月間で利息がつくにこしたことはない。

もちろん、そんな商品は今はない。

それに1.5%でなくて、5%であれば、年間でもおいしい。

ひとつものもが、始まって、終わる、このサイクルがいかに重要かがわかる。
一人の高い単価を求めるのか、たくさんの小さな単価を求めるのか。

ちなみに、世界は今後者の、大量生産、薄利多売方式である。
ちなみに、5%でなく、1.5%で想定したら、年金の破綻などなかったことも、
この章でわかる。

年金問題の99%は、5%複利を前提としたことにあったのだ。

話を戻すと、そう、時間を共通項として軸においた場合、

何が有利なのだろう。

30年間のバイ&ホールド ?
1年間の中期投資 ?
1ヶ月の短期売買 ?
一日のデイトレード ?

どれが有利なのだろう。

いま私たちが、10年という時間単位で、投資を考えたとする。

時間は共通項だから、時間のコストは、

デイトレード1万回+時間コスト と
長期投資+時間コスト 

を比較すれば、時間コストは全く考えなくてよいことになる。

また同様にして
デイトレード1万回+時間コスト=(デイトレード1回+時間コスト/1万)×1万
と表せるから

(デイトレード1回+時間コスト/1万)×1万

長期投資+時間コスト

を比較すれば、前者だけ時間コストを分割することができることになる。

時間コストに、10年間のうちどこかで死んでしまう可能性をポアソン分布でも使って
計算式にいれれば、もちろん、分割できた方が有利である。

では、本当に、デイトレードが有利なのか。
薄利多売方式にまとわりつくリスクとはなんなのか。

つづく。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

共通項

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。