株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

「相場の心」 11/19の内容公開 記事No.2426

2009-11-20-Fri  16:30:00

昨日夕方にデモ版が更新された、投資情報動画 「相場の心」(11/19)のダイジェストです。
テンポよく情報提供されますが、重要なところ、必要なところは何度も見返す、
聞き返すことが可能です。




相場の心1119東京市場

東京市場はNY市場等に左右されることなく独自に動いている。TOPIXが225よりも重たい展開。
ジャスダック、マザーズ等の新興市場はナスダックがマイナスだったことをきっかけにしつつ、
それを加速させての軟調。日経平均は下値抵抗ポイントを割り込んでしまったため、
今後、上海総合指数などが下がってくるようだと全体にさらに重たい展開が待っている。


相場の心1119通貨市場
通貨はここのところドルが売り込まれている。昨日に引き続きインドネシアルピア、
あるいはランドなど強いが、豪ドルの動きは鈍く、高金利通貨というテーマでの相場にはなっていない。



相場の心1119ユーロ円

ユーロ円の動きが市場のカギを握っているといっても過言ではない。
現在はブルーゾーン(132円近辺)をトライ中なので、ここを割り込んでくるようだと、
さらなる変化が現れるだろう。



相場の心1119NY市場

昨夜のNY市場はユーロ高に支えられて、下がってもいい日柄であったNYダウが
さほど下げずに終わった。ユーロは134円までさしたる意味もなく上昇したのち下がっていった。
今後もこうした意味のない動きには注意する必要がある。



相場の心1119NY週足

NYダウが下げなかったことが問題である。週足ベースでみても一本調子に上がっている。
これがストップしたときは注意が必要。
11/20に、10403ドルを割り込んできた場合は急落が懸念される。



相場の心1119日経先物

225先物は、レンジは変わったが窓あけでの下落ではない。今後は窓あけ下落に注意を要する。



相場の心1119個別銘柄

日本の個別銘柄で買われているのは材料株、100円前後の株ばかりで、相場の中心には
なり得ない。買いはもう少し待たなければならない。

三菱UFJ 売り込まれてはいるがまだ様子見
みずほ 安いからといって買えるタイミングではない
東芝 増資予定のある銘柄なのでまだ評価固まらない
NEC そろそろ拾う準備。市場が整うまで少し待ちたい。

・・・

「明日以降(つまり今日以降)も、NYダウの下値抵抗ポイント、ユーロ円の下値抵抗ポイント、
引き続きこれらの攻防と推移に注目して、対処していく必要がある。」

・・・

およそ10分の放送ですが、相当な情報量です。
FXでも株式でも先物でも、すべての投資家に必要な情報が盛り込まれています。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

----- お知らせ -----
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。