株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



偶然か、必然か、薄氷の未来を覗く7 記事No.181

2007-07-19-Thu  01:50:36

前回お話しした、そして投げかけた問題は

これからお見せするチャートで本物はどれか?
070709s7.gif

ABCか
070709S8.gif

DEFか

であった。

どれが本物か?
もうお分かりだったと思うが、本物はない。
すべて、偶然により作られたトレンドである。

Aを見れば、いかにもランダムでこれは、コンピューターが作ったトレンド
のように思える。
Bを見れば、何らかの要因がトレンドを動かしているように見える。
Cを見れば、万年割安株に見える。
Dを見れば、とめどない売り物が続く銘柄が、市場から資金が逃げ出している
ように見える。
Eを見れば、ランダムそうだ。
Fを見れば、業績急回復発表銘柄に見える。

しかし、これらは、エクセル上に作られた、単なるランダム係数の積み重ね
に過ぎない。

ではこれはどうだろう。
070719s1.gif

この罫線は本物か?
急騰相場の終焉か?
この罫線を分析して、解説してみて欲しい。

この罫線は、NYダウである。
解説できたであろうか?

ただし、ピンクの□のところまでが、本物のNYダウである。
それ以降は、偶然によって作られた仮想の暴落である。

もし、あなたの罫線分析法が、この罫線を最後まで説明できたら、
その罫線は、なんでも分析できる魔法の罫線かもしれない。
はたまた、相場でなくランダムを分析できるものか、
はたまた、ランダムが相場だったのか、どちらかである。

こう追ってみて、最後にこう言える。
もう一度言おう。
我々の考えている、「実力」というものは、偶然の中のほんの一握りの期間に
現れているトレンドに過ぎない。

それらは実力のように見える。
しかしそれは、単なる偶然の、神様振ったのサイコロの上だけに成り立つ実力なのかも
知れない。

終わり。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ