株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

一目均衡表について質問を頂きました。 記事No.142

2007-07-11-Wed  06:55:32

この場を借りてお返事いたします。

質問です
一目均衡表で225先物は勝てるのでしょうか?
真剣に悩んでいます。
先生はどう思いますか?


一目均衡表はご存じのように、科学ではない領域の分析方法です。
科学ではないというのは、数学的に、なぜ意味があるのかを銘記せずに
基本数が決まっているとろにあります。

またこの罫線は他の分析法と同じ弱点を抱え、雲の中なかを上下する
ノイズが多数存在します。
これをどう解釈するか、が奥義となっていて、そこからは霊感の話です。

特殊は分析法は、多々ありますが、解釈を何通りにもできる罫線は
実際には役に立ちません。
言い訳がきくからです。

なぜ、当たるのか、論理的に説明のない部分が多い場合、尋ねて見たい
ところですが、開発本人は故人となっていて聞き出せません。

開発には、相当数の人材を投入し、相当の期間をかけて検証した結果とされていますが、それは、今インテルでは1秒もかからないと思います。

少なくとも基本的な部分だけの検証、たとえば雲の上で買い、雲の下で売るだけは、利益が取れないことが分かっています。

あとは、解釈の問題ですから、検証すらできません。

ということは、外れている!という答えもない!ということです。

基本数が、なぜ9なのか、26なのかについては解説がありません。
解説がない場合は、その数値が市場にマッチしているというだけが
論理です。
マッチしている数値を使ってよいのか、(フィッティングOKなのか)
については、否定的です。
ということは、宇宙の魔法の数値が存在すると言っているということです。

ちなみに、雲という概念は、統計学の、たとえばボリンジャーの標準偏差からどれくらい上下に抵抗レンジを描くか、という部分に共通します。
ただ、ボリンジャーは、統計的に使えないことは検証できますが、
残念ながら、一目は、検証しもその解釈がさまざまですから、一概に
違うとも言えません。

という訳で、
以下旧ブログから引っ張っておきます。



[テクニカル入門]一目均衡表:魔法の罫線
テクニカル分析は星座占いと同じレベルなんだと、テクニカル否定派に良い餌を与えてしまう、誰にも分からない分析法。
科学や統計数学とは関係なく、検証をさせない程複雑な解釈をもち、シミュレーション不可。
科学とは、検証できるものである、とするなら、これはその類でない、しかし、テクニカル分析に席を置く不思議さを持つ。
エリオット波動と同じく、あと講釈が多彩で、実際には使えない、観賞用。
070711s2.gif

しかしながらこの罫線の偉大なところは、ロイターにも採用されているというところ。
如何にいい加減なテクニカル派が多いかという印でもある。
公然とこの罫線を解説するのは恥ずかしい。
3日間安かったら買い、の戦略の方が有効に思える。
まだ勉強していない人は、アストロジー(満月には何かが起こるの検証など)とともにスキップが望ましい。
検証されていない罫線を分析とするのは、ファンダメンタル分析も同じ。
当たったように解釈できるだけでそれは、単純に移動平均をみても分かる。
移動平均は眺めると外れていないが、それで儲けることが難しいことはエクセルでも簡潔に証明できる。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 1
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

疑問質問

コメント

親切な回答ありがとうございました。

たいち #- | URL | 2007/07/12 Thu. 02:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。