株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



偶然か、必然か、薄氷の未来を覗く5 記事No.134

2007-07-09-Mon  12:24:05

確かにこれら底値からの反発も、戻り高値も、またサイクルまでも
”良い感じ”で分析できると、最も儲かるツールに思える。
実際は、罫線評論家からすれば、やはり手放せないツールといえるだろう。
でも、しかし。
ここからどうやって儲けを見つけばいいのであろう。

底は、ダブルトップを確認してこそ底。
では、いくら132日を経過してもそこでは買えない。
42日目の変化日はどう解釈、応用すればいいのであろう。
その近辺で、打診買い、打診売りであろうか。
それとも、そこで大きな変化が起こった後、ポジションを建てるのであろうか?
大きな変化が起こるサイクルが、またはきっかけの日が42日目なら、その日は
前日前のトレンドの逆のポジションをとらなければ、応用できない。
それとも、我慢して、42日が変化なので、耐えて、その耐える理由にするかだ。

いずれにしても変化日の使い方は難しい。

さて一方、半値戻しや、1/3戻しなどはある程度使えそうだ。
もちろん押し目買いや、吹き値売りのポイントを計るためである。
前述のDのポイント14560円での反転はまさに、このトレンドが生き返った
という印でもある。

さて、だが。
大変なことを一つ忘れていた。
日経平均の日足ベースで、いかに従来のテクニカル手法が優れているか、
ぴったり解説できるか、擁護したつもりであったが、前のチャートが
間違っていたようだ。(前述*1)

日経平均だと思っていたが、エクセルの式を見たら、2000円台のはじめの
2日間は確かに日経平均が載っている。
しかし、そのあとの数値は、前日の価格と、ボラティリティーから、
ランダムに算出された乱数前日比が足されているではないか。
(前述*2)まさか、本当にランダムなのだろうか?

いいえそんなはずはない、なんといっても、一目も、GANもエリオットも
この相場!を分析しているではないか!

しかしいくら見直してもこれは日経平均ではない。
実際の日経平均はこうある。
--本物の①--
070709s6.gif


え、見れば見るほど似ているのだ。
これと。
--エクセルが描いた②--
070707s4.gif

しかし違うところがいくつかある。
高値96/6/17から安値98/10/5までは120カウントでしかも週。
1/2戻りでの明確な変化もない。
バブルボトムもはっきりしない。
波動カウントは前述のチャート方が分かりやすい。

どちらが本当のチャートなのか?。
もちろん、実際の日経平均を描いた①に決まっている。

ということはこういうことか?
チャート分析法はランダムを分析しているだけなのか?
それとも相場自体がランダムなのか?

チャート分析がランダムを分析できているのなら、もともと、その分析法が
ランダムにも当てはまるか、何にも!当てはまらないかのどちらかである。

そしてこれを認めないのなら、相場自体がランダムである、ということを
認めることになるのだ。

つづく・・・
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ