株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

偶然か、必然か、薄氷の未来を覗く2 記事No.127

2007-07-06-Fri  15:59:02

偶然か、必然か、薄氷の未来を覗く2

一方偶然はじめてのチャートでうまく行った経験を持つ専門家もいる。
こういう種の人々は、チャートを否定しない、巧い具合に自分の解説と
判断に組み入れ、チャートと折り合っていく。

また投資家も同じである。
IPOで成功した投資家は、ずっとIPOを追い続けるだろうし、
ファンダメンタルでもテクニカルでもはじめに成功した記憶は、その後
長い間、投資判断の基準として、それらの法則に影響を与える。

1989年のバブルの頃は、そんな独自の意見をもつ投資家が総評論家となり
木の葉のように舞う大型株を売り買いしていた。

誰が正しく、どの方法が有効で、どんな情報が有益であったか?
今、当時を振り返れば、答えは簡単だ。
誰がの意味では、お金を借りてまで株を買った方がいいと訴えていた人すべて
方法では、順張りのテクニカル指標すべて。
情報では、4大証券と日銀がコントロールしている東京市場は世界一安心な
市場である、というのが答えとなる。

ようするにすべて買いはどんな理由であれ成功をおさめたはずなのだ。
ピークまでは。

そこから地獄への道中では、トレンドが読めるものと読めないもので、
テクニカルでも、情報でも分別がなされていく。
ただ日本の情報は売りにはよほど閉ざされていることから、テクニカルの方
が素直な意見を相場に発していたように思う。

余談であるが、罫線の神様とされていた吉田虎禅はバブル崩壊時には
売り方であったが、新日鉄(5401)が600円を割り込むころには、買い方に
転じていた。
唯一弱気の罫線を聞くことができる主からも、売りの情報は消えていった。

チャートは後からみると本当に簡単に映る。
しかし今どちらの方向にいくか示せなければ、それはなんの意味も持たない。
少なくとも投資家にとっては、過去は未来のためにしかあらず、
過去の解説など、必要ないのである。

つづく・・・070706-5401.gif

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

偶然か必然か

コメント

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。