株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



過去から未来へ システムトレードの栄光と挫折4 記事No.107

2007-07-03-Tue  04:19:59

ここまで来て、一つの疑問と、その答えを、断定的に裁いていていた憎き理論を思い出しました。

「ランダム・ウォーク理論」

彼の著書
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
には
株価形成は非常に効率的にできていて、その結果、だれも抜け駆けができない。
どんな英知を使った方法も、単なるチンパンジーとの戦いに敗れる。
結局は、インデックスを買っておけばそれでよい。
というものです。
その本の前書きにこうあります。
”チンパンジーがウォールストリートの相場欄にダーツを投げて選んだ銘柄からなる
ポートフォリオでも、プロのファンドマネージャーと同じような成果を
上げることができるという考え方を、改めで厳密に検証している”と。

非常に優れた手法を用いても、インデックス運用に勝てず、は本当なのでしょうか??
優れたプログラムは、古典的理論を説き伏せ、時に人間に不可能であった
魔法の罫線を示してくれるのではないでしょうか?

----その後、非常に長い期間にわたって、様々な部分から、気の遠く
なるようなバックテストを多く行いました。
あるプログラムは6ヶ月、勝率75%以上を維持していましたが、それ以外の期間では、
ドローダウンの期間が非常に長く使いものにならなく、
あるプログラムは3年間は良い結果を残しましたが、実際に取引手数料と
ビッドとアスクのスプレッドを考慮するとつまらないものでした。
あっと驚くようなロジックは目で確認できても、数値化にならず、
古典的相場罫線分析法も、単純なプログラム化を行うと、意味のない成果を示していました。

栄光の企業も時に、淘汰されていく事態を耳にしながら、これはビジネスにも当てはまり、
儲かる方法は、次々に変わっていき、その変化は予測できず、
常にカオス側に収束するというのを、別の角度からも感じていたのです。

しかし、そんなある日、おおいに希望にあふれた、あるパターンを発見しまいた。
それは前日の引けと、ボラティリティから、次の日の寄り付きを予測し、
その寄り付きが良い水準なら、買い、というものでした。
ごく単純な形式でしたが、チャートを四六時中眺めている自分の経験から、良い買い場とは、
どこであるかを数式化したようなものでした。

早速バックテストを行うと日経平均先物では、勝率85%前後、ドローダウン
5%以下、日々単純な計算をするだけで、着実に儲かるのです。
大きく取れませんが、着実に、ロスカットも小さく、利益が積み上がると
いうことは、ポジションを大きく取れるということです。

私はこの手法を早速、”超秘密”にすることに決めました。
ついに、「ランダム・ウォーク理論」を出し抜いたのです。

過去から未来へ システムトレードの栄光と挫折5
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ