株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

ご質問をいただきました。 記事No.101

2007-07-02-Mon  01:36:09

ご質問をいただきました。

件名 : 質問:テクニカル派であることにつきまして

(1) サイト名にあるくらいですから、nakaneさんはテクニカル重視派だと
思いますが、投資判断にファンダメンタルは参照されないスタンスでしょうか?

株式の投資については参照しています。
それは、投資する価値が存在するかどうかを割りだすためで
売り買いのタイミングを判断するものではありません。
市場の流動性、倒産するかも知れないリスク、安定資本の入らない銘柄、
テクニカル分析以前に、これらはテクニカル分析の対象になりません。
よって、ファンダメンタルは見なければなりません。

しかし、別の意味でドル円のポジションを取るのに、どんなファンダメンタルが有効でしょうか?
いつもの赤字、いつもの速報値修正、ネガティブ、ポジティブサプライズ、
これらに対する市場の動きは、いつも急速で、何が正しいか、それがいつ
まで続くのかまったく予想できません。
もし、ファンダメンタル情報がつねに正しく真実を現しているのなら、
こんなことにはならなく、有効に妥当値と計算できましょう。
しかし、それは、NEWが発表された瞬間に妥当値に追いついて、
値幅を稼ぐ時間がありません。


(2) また、テクニカル重視派となられた理由は何かありますでしょうか?
ファンダメンタルを含む現在の情報やセンチメントは全て織り込まれている
というテクニカル派の言い分も納得できます。
けれども、統計的には低PER、低PBR、増収益予想の銘柄ほど、リターンが
高いといった結果もあるようで、ファンダメンタル分析にも一定の言い分は
あるようにも思えるのです。

テクニカル重視派である理由は
今と、30分あと、異常に買われた前と後、異常に売られた前と後、
とにおいてファンダメンタルは全く変わらないからです。
逆にテクニカルでは相当先は読めません。
なぜならファンダメンタル自体が大きく変わっていて、市場に織り込まれる
はずの投資家の動向も大きく変わっていることが多いからです。
しかし、この意味では、ファンダメンタルも同じことが言えます。
低PERだから買われたというのは、その低PERが、通常のPERとなるまで
予想業績が変わらなかった時です。
ファンダメンタルで、不正会計、業績急転落、などは読めず、これも
相当先の予想には適しません。

テクニカルの言い分はこうなります。
低PERの銘柄は上がる、だから上値抵抗ポイントを取ってきた
ではなく、
上値抵抗ポイントを取ってきた、これは業績上方修正などにより
低PERが継続していくことを市場が知っているからだ、
というものです。

いずれにしても、重要な情報はファンダメンタルにもあります。
問題は、コーヒーと紅茶をまぜてもおいしくないということです。

またテクニカルは過去の検証ができますが、
ファンダメンタルでは、過去に戻って、いつ業績が修正されたか
NEWSがいつ流れ、それをいくつとカウントするか、など数値化しなければ、
バックテストが現実にはできません。
つまり、この方法がいいというのが証明できないのです。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 1
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

疑問質問

コメント

お礼

おはようございます。
丁寧なご回答をありがとうございました。
なるほど、客観的な検証可能性は重要なポイントですね。

chauchauchaunn #- | URL | 2007/07/02 Mon. 05:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。