株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ
  • 買い下がり。日経平均先物 22620 買い 1枚。 2017-11-09-Thu 22:39

    日経平均先物 22620 買い 1枚。...

  • ザラバで30万円抜けます。デイトレ 2017-11-09-Thu 21:37

    ザラバで30万円抜けます。デイトレデイトレの意味は、イントラレベル、ザラ場で売り、買い、するという意味です。で、今なら、30万円抜けます。今なら。この高水準の変動率。さらに、コールも高い、プットも高い、で待ちにまった相場です。市場は、すでに、どこまでも上げるという意志と崩れたら早いという意志を見せてきました。あとは、手を出すだけです。今、OP2枚、先物2枚で、3ヶ月で100万円を狙うか、OP1枚、先物1枚で、50...

  • 儲ける方法2018-15 【7つの習慣-投資編5】 習慣③ 2017-11-09-Thu 20:12

    メルマガで読みたい方。無料 儲ける方法2018 無料メルマガ登録フォーム 儲ける方法2018 の③は本来は④であったが、今日は、特別相場が大きく動いたので、④を先に書いておきます。習慣③ = どんな時も喜ばないことこれは、感謝しない、ということではない。もう分かるでしょう。喜んだあとに、大きな悲しみがやって来ること。大きな悲しみは、自分を喪失させ、訳のわからないことをさせる。儲かった、と騒いではいけない。これは...

  • 今、もう一度この記事を贈る 2017-11-09-Thu 19:13

    奇跡を信じてはいけない。奇跡は頼るものである。これは、マーフィーノ法則だった。2009年の記事だ。風を読む 信じるもの 記事No.1740 2009-01-30-Fri  14:16:50 この時は、リーマンショック最後の清算に入っていったのだ。そこから、8年が経った。日本はまた、それでも悪夢の余韻の中だ。そこから、天文学的な金額が、NY市場に入り、それが、今度日本につってくる、最初のシグナルが、16連騰であった。前回も、そのチャート...

  • 押し目の拾い方。先物編と株式編。 2017-11-09-Thu 18:01

    ここでの株式拾い方は、一瞬だ。上昇波動の中で、下の抵抗ポイントにタッチした銘柄。その下は、モンタナバンド下。今日、下がったのは、日柄が行き過ぎたということと、相場からの洗礼だ。今日の下げで、22500円に大量の売りものが入っている。明日のSQに対する仕掛けか、今日のざらばの仕掛けかどちらかだ。ちなみに、11月PUT23000円は、午前わずか13円。それが、14:30 465円にもなった。一瞬で、資産を30倍にする、方法。しか...

  • 超乱高下、の相場に取り組む方法。 2017-11-09-Thu 17:08

    一日で500円動く相場がやって来ることはお話ししてきまた。今日は、早速、高値390円だかから、安値420円安まで910円幅の動きはさすがにこの相場の大きさを動かしていると考えていい。今まで、なかった、まったく小さな、変動率が、3倍になる、ということだ。だから、デイトレもいい。OPのポジションは届かないところを計測。いよいよ、大儲けの時期に入った。下がるも、上がるも、今とっていって頂きたい。まずは、コールを売りな...

  • 60年振りの相場、過去を捨てて、とお話ししたのは 儲ける方法2018です。 2017-11-09-Thu 11:48

    儲ける方法では、具体的な方法も言いましたが、もっとも具体的な方法は、忘れる、ことです。なぜなら、新しいトレンドができた、とお話ししても、過去にとらわれて動けないからです。行動することが、もっとも具体的な方法なら、儲ける方法は、それを阻害しているものを除くことを推奨します。さて、日経平均先物でも現物でも儲けられます。ザラバでも、異常に高くなったOPの売りでもOKです。ただし、行動する、ということがなけれ...

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。