株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


公開秘密記事・それでも買いなのは言うまでもないが。4 今年後半戦への布石と現状分析 記事No.5587

2014-05-18-Sun  18:52:31

株ブログ・日経平均・投資情報



では、世界の株価はどうなっているのだろうか?
株式情報_2014-5-18_18-34-45_No-00

2013年の初めを1としてみると、なんと、それでもだ。
日本は第二位となっている。
この2年間の日本への投資効率は悪くない。

アルゼンチンが圧倒的な129%となっているが、これはインフレのせいだ。
インフレ。

もっとも市場に影響を与えるのは、このインフレであり、これを目指しているのが、主要先進国の方策なのだ。

では、ワーストはどこか?

ワーストは

ロシア
ブラジル
中国
韓国
香港
韓国
シンガポール

とアジア全滅で、日本だけ、のぞかれている。
それは、こららの投資がアジア全体から、日本へ振り分けられたことを示している。

では、世界全体では、指数はどうなっているのだろう。

つづく・・・・・

つづきは、動画または、この後の5を待ってください。

動画会員へ。

今回は、5月発表の主要企業350社のうち62%が、
事前予想を上回りました。
その精査の中なら、後半中心となる銘柄を厳選してお送りします。

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

それでも買いなのは言うまでもないが。3 今年後半戦への布石と現状分析 記事No.5586

2014-05-18-Sun  05:57:59

株ブログ・日経平均・投資情報



この5月に入っての最も重要で大きな変化の元となる、3月の決算発表がほぼ終わった。

この時期の発表は今後半年にわたって株式個別銘柄に影響を与えると共に、
この時期の通貨の平均値をとっての予想だけに、最近のドル安を組み入れての決算と
予想が織りなされている。

世界主要指標のMSCI指数の日本株のうち、組み入れを変えるために外れた銘柄、新たに組入れられる銘柄も
発表されたが、

ジャパンディスプレー(6740) 日足
株式情報_2014-5-18_4-54-36_No-00

が、予想より、増益結果が、少ない、として、この指数に新規に組み入れらたものの、急落となった。
同時に逆に外された銘柄も、その影響は少なかった。

市場の見ている物は、ここのところ、全く景気にマッチしていない。

株式情報_2014-5-18_3-41-54_No-00

さて、ではこれは何でしょう?
テクニカ分析の一つです。

といってもこれは、単純に、移動平均線だ。
単に、ブルーがNYダウ、黄色が日経平均、赤が上海指数で、それぞれの26週移動平均線を示している。

これが、日本の現状なのだが、この下に、中国がいるだけで、ほとんど、この二つの国の株だけ
買われていない。
中国は依然として、影の銀行が、市場から信頼を失ってしまったし、景気の上昇のペースが落ちていることに
市場は資金を引き揚げている。

正式なチャートはこうだ。

株式情報_2014-5-18_3-40-27_No-00

では、最近、もっと信頼を失った国はどこか?
それは、韓国だ。
修学旅行の生徒を犠牲にした大転覆事件は、その後、韓国の闇の部分にまで入り込んできた。
そういう国の株価はどうなっているのだろう。

韓国総合指数 週足
株式情報_2014-5-18_5-38-46_No-00

そう、上がっているんだし、高値圏だし。
それは、日本の株価が、業績や、姿勢や、信頼や、それ以外のものでも動いていることを示している。

では主要世界の株価はどうなっているのだろう??

つづく・・・

続きを読みたい方は、
ご協力クリック↓
株式人気ブログランキング
をお願いします。 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

それでも買いなのは、言うまでもないが。2 記事No.5584

2014-05-16-Fri  18:06:19

日経平均先物・投資情報



日経平均先物はまた、トリプルボトム
日経平均先物チャート 日足

を確認しなければならない位置まできた。
そして、出来高は20億株を低水準、売買代金も2兆円を割れ、腐っている。・・・・

それで、投資家は、考える。
このまま投資をしていていいのかどうか?

それで、投資をしている投資家はどういうものか、考える。
ここで投資をしているのは、

1:アベノミクスの政策に期待しつづけて、決して来ない買いものをまだまだ待っているバカ投資家。
2:大きな統計の中で、繰り返される回帰に期待しているバカ統計家
3:「野も山もみな一面の弱気なら、あほうになって買いのタネまけ」の格言をまだ信じている現代相場に
置いてきぼりにいされた、あほ老投資家。

みなさんは、どれでもないですね??

私は、1であり、2であり、3です。

それが統計上、もっとも強い回帰力に、支えられている戦略だからです。

日本を信じて良いのか?に対して、それでも買い、であると言っておきます。

もし、あなたが、投資家で、儲けるならそうです。
もし、あなたが、評論家で、名声を得たいのなら、別かもしれませんが。

問題がまだまだある?
だから、安いのであって、
問題が解決されたら、16000円を買いに行くことになります。

安い時、だれも、買いません。
それは、気、の問題です。

それを統計的に取ってみても、安い時のリスクテイクは、高いときにリスクテイクを上回ります。

高いところをさらに高く買っていく戦略は、相場の、円熟期に行うものであって、それは
今ではないのです。

さて、週末に、Cleopatra2014を配信。
投資講座 Cleopatra2014 配信開始
お申し込みは ここ
詳細は ここ

動画では、決算発表総特集で、年後半の買い銘柄を、ここで天与の仕込みにはいるです。
動画会員購入へ。

信念を通すことが難しいのは、儲けることが難しい印でもあります。

安きを買え。
実りを待て。


なお、これはまだ買えます。
今日の特別速攻銘柄
(注)秘密記事は株式 ブログランキングへ←をクリック、入って当ブログの紹介文にある、秘密記事PASSを入れて見て下さい。


本日の記事一覧
それでも買いなのは、言うまでもないが。
今日の特別速攻銘柄
どこまでもだんまりか。。
不動産の次の次 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ