株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



1929年のNY株式市場大暴落を研究する3・誰かであったとしてもその形跡をチャート上に残す 記事No.5263

2014-02-23-Sun  13:26:30

1929年のNY株式市場大暴落を研究する1
1929年のNY株式市場大暴落を研究する2




1929年のNY株式市場大暴落の週足でのチャートをもう一度振り返って見よう。

1929年NYダウチャート

この時のチャートを振り返ると最高値を取った後に、ブルーゾーンに入っている。
そして、26週線は下を向いている。

この2点がもっとも重要だ。

そして、大暴落の3大条件は

史上最高値を取った後
26週線下向き
ブルーゾーン入り

現在のチャートはそれぞれどうだろう。

NYダウチャート 週足
NYダウチャート 週足

先々週、この危険なゾーンブルーを抜けて、先週はそれを維持した。
また、26週線は、上を向いたままで、暴落条件を満たしてはいない。

一方、日経平均の1989年はどうだったのであろう?

1989年東京株式市場 大暴落

1989年東京株式市場 大暴落

これも覚えておきたいのは、この年に史上最高値を取っていたということである。

他の2点は、26週線と、ブルーゾーンであるが、

はじめの大陰線で26週線も下に向いた、
これで、2つの条件はクリアされたのだ。

では、ブルーゾーンはどこにあったのだろう。

次回では、この検証と、

では、リーマンショックではどういう危機サインが出ていたのかを検証してみたい。

これらは、経済を私たちが検証、予測するものではなく、

それらの仕事をチャートに任せる、という仕事なのだ。

なぜなら、チャートには全ての情報が織り込まれていて、何かが、それが、たとえ
誰かであったとしてもその形跡をチャート上に残すからである。

何かが起きるとき、足跡を残さずに、物事を進められないからである。

特にそこに、作為のある事件なら、なおさらだ。

つづく・・・・

続きを読みたい人は、クリックして応援をお願いします。

このブログを応援頂ける方は


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

1929年のNY株式市場大暴落を研究する2・再度のブルーゾーン突入 記事No.5260

2014-02-21-Fri  09:39:29

チャート分析が無用の長物なのか、
最新の自動車のPRE-SAFEブレーキシステムにも勝る、英知の結晶なのかは、
このチャートを振り返って確かめてみます。

昨日、UPした1929年のNYダウは週足では

1929年NYダウチャート
1929年NYダウチャート

暴落の頂点は、過去最高値、です。

暴落時は、もちろん、26週移動平均線は、下を向いていますが、
それは、逆にいれば、暴落で下を向いたのではなく、暴落が、下を向かせたわけで
この場合は、役立っていません。

では、これにモンタナバンドを掛けたらどうなるでしょう。

1929年NYダウチャート
1929年NYダウチャート

頂点の次の週に早くも、レッドゾーンを割り込みました。

その後5週間の急落で、ブルーゾーン入りになりましたが、いったんここを抜け出ています。
問題はそのあと

再度のブルーゾーン突入です。

これは、離脱を計ったもの、売り圧力が強く、警戒状態となったことを示しています。

そして暴落は、その週から始まったのです。

では、現在はどうでしょう。

つづく。・・


続きを読みたい方はクリックで応援してください。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

1929年のNY株式市場大暴落を研究する1 記事No.5259

2014-02-20-Thu  16:07:26

1929年の大暴落を研究する 1
久々に連載します。

さて、今日の東京市場は、いつものように、NY市場よりさらに大きく売られる
展開となりました。

日経平均先物チャート 日足
日経平均先物チャート 日足

14592円という抵抗ポイントを割れました。

ここで、市場が気にしているものが、何か見てみましょう。
根本には、このNY市場にマイナス面でしか連動しないのは、アベノミクスというより、
安倍首相への不信任です。

日銀のリップサービスが1日しかきかないので、リップでなく、現物が必要です。

それはともかく、今日、もう一つ気にしていることがありました。
それは、

ナスダックチャート 日足
ナスダックチャート 日足

9連騰となっていた、ナスダックの、これからの反落です。
抵抗ポイントを割り込んで推移すれば、この上げの分だけ、谷を深く見ているからです。

さて、なお、この先を気にしているのは、NYダウです。

NYダウチャート 日足
NYダウチャート 日足

NYダウは、今日、下値抵抗ポイント15930ドルを割れると、東京と同じく短期下値抵抗ポイント割れと
なりますが、問題は、ここではなく、

この前に史上最高値を取っていた、ということです。

なぜなら、1929年の大暴落も、史上最高値をとってから起こったからです。

古い情報なので、ここで、チャートを持ちだして、整理してみましょう。
1929年の大暴落を今、は何が違うのか、です。

まず、このチャートを見て下さい。
1929年、10/24 世紀の大暴落のはじめの日、のチャートです。

この日(オレンジの縦線)は、木曜日でした。
安値を更新して、下落に加速がついた、日でしたが、意外と陽線だったのです。

1929年NYダウ大暴落チャート
1929NYダウ

実際に、大暴落となったのは、次週の月曜日、火曜日です。(赤枠)

10/24は、その始まりの日という意味で、ブラックサースデーなのです。

この暴落は、


日付 下げ幅 下落率 終値
1929年10月28日 -38.33 -12.82 260.64
1929年10月29日 -30.57 -11.73 230.07

今の水準なら1500ドル安、2連発、という所です。

もちろん、その頃には、ブレーキとなる、システムも、当局の準備もなにもありません。

ただチャートは、大暴落の大条件である、最高値を付けている、ということを
満たしている、ということです。

ちなみにPERは、32倍を越えていました。

そして、その前には、NYダウは6年間で5倍になっていました。

その動きを、テクニカ分析で解析し、さらに今、と比べてみましょう。

つづく・・・・

続きを読みたい方は、下をクリックで応援しておいてください。




面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ