株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



■それでも、外人は日本を買うか? 1■■■ 記事No.4892

2013-09-06-Fri  13:49:33

本日の日経新聞に、アジア6カ国での買いたいブランドランキングの調査結果を発表した。

1_2013-09-06_12-18-07.png

車で、言えば、欧州では、フォルクスワーゲンが売上げではTOPであるが、
ブランドで見る場合と少し違う。

欧州の販売台数では、ワーゲン、ベンツ、BMWとなっているが、これは
日本でも同じた。

日本国内では(輸入車なので、TOYOTAは下位)
1_2013-09-06_12-44-21.png

ベンツとBMの差は

ベンツ 42,838
BMW 41,635

とほとんどない。

さて、それでも、ブランドというと少し違う。

日本車は、日本は、欲しがらるブランドになるのだろうか?

まず、自動車で言えば、ブランドで、BMが、ベンツを抜き、それでもTOYOTAが3位に
なっている。

ブランド、について、以前話したが、いくつかのブランドは、その価値を失いつつある。

参考 インフレの気持ち5 節約がもたらすもの
http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4707.html


すでにJAL、ドコモ などは、ブランドというものを失ってしまったが、
最近、ブランドを失いつつあるのはベンツだ。

乗っている人は特にそう思うはずで、街にベンツがあふれるだけでなく、

Cクラスで、

その乗り心地、運転性能は、この車と同じ

<初代カローラと11代目カローラ>
1_2013-09-06_13-06-48.png
※左より順に、1966 年の初代カローラ、11 代目カローラ(国内、北米、欧州仕様)



トヨタ自動車、
世界のベストセラーカー、カローラが累計販売4,000万台を突破
-1966年、良品廉価の原点として誕生。以来、多くのお客様に支えられモータリゼーションを牽引-
トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)は、カローラのグローバル累計販売台数が、本年7月末までに4,000万台を突破したことを発表した(トヨタ調べ)。
これは、1966年11月に初代カローラ(2ドアセダン)を発売後、46年9ヶ月で達成したものであり、創業以来、76年間にわたり販売した全てのクルマのうち、「5台に1台がカローラ」となっている。
内訳は、国内の累計販売が約1,225万台、海外の累計販売が約2,777万台(2013年7月末時点)。



さて、それでも、カローラの凄さが、売れている車の凄さであり、ブランドとして凄さでないことから
ベンツが、カローラ化しているのは、もう明らかだ。

だから、ブランド力がなくなりつつある。
そして、それの考えないのが、ベンツ開発陣で、彼らは、心から、TOYOTA化を望んでいるようだ。

どちらにしても、日本車はもっとも売れる、そして、それはブランド力がなくてもだ。

ちなみに、セレブの通うテニスクラブの車を見ると

ベンツの次に、アウディが来る、そして、TOYOTAだ。

これが、現状ではあるが、日本の選択でもある。
ベンツ=TOYOTA が良いと言うことだ。

本来ならば、アウディはもっとブランドとして、人気になってもいいはずだが、
所詮、vwでしょう、というブランドへのマイナスイメージが、ぬぐえないらい。

しかし、なら、ベンツは、所詮、TOYOTAということになる。

さて、そういう意味を深く込めて

トヨタ自動車(7203) 週足
1_2013-09-06_13-19-53.png

を見れば、日本の全てが見えてくる。
その上値抵抗ポイントが、6315円なのだ。

ここを取ることは、ブランドランキングの上位に入ろうとしているその他の製品の
行方を良い方向に導く。

たとへ、

ベンツと、クラウンが、そのデザインを間違ってしまったとしても、
それが売れ続ける凄さを、下位のメーカーはマネをしていくのだ。
1_2013-09-06_13-24-38.png

この車には、デザインなんかくそ食らえ、という強さがある。

そしてベンツも同じだ。
1_2013-09-06_13-42-19.png


さて、性能と、かっこよさ、が電化製品のブランドとなるわけだが、

スマホ関連は、どうなるのだろう。

ドコモにていては、http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4878.html

で、次の銘柄であることをお伝えしてある。(買っておくということ)

そのドコモは現在、サムスンと手を組んでるのだが、・・・・

つづく・・・


続きを読みたい方はクリックで応援して下さい。


お問い合わせなど
カートから直接ご購入(週刊 日刊動画、Cleopatra のみ、顧問契約はお問い合わせへ)


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

天井から天井へ:一番底から二番底へ 記事No.4876

2013-09-02-Mon  14:33:10

本日などは、9月入りとなって、値上がり銘柄数は1000を超えている。
それでも、出来高はない。
しかし、それでも、出遅れが幅広く買われている。

それで、対決の問題だ。

天井からさらに天井を取りに行くのに賭ける



一番底から二番底に行くのに賭ける。

のは、どちらが良いか。

オリコ(8585) 週足
1_2013-09-02_14-14-07_20130902142256dcd.png

この銘柄を400円から450円へを狙うのも、

250円から300円を狙うのも、値幅は同じである。

ただ、後者は、後進的なリスク管理において取り引きされているように見えるが
逆である。
後者の方法こそ、もっとも前衛的な手法なのである。

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株式市場の法則 出目予想。 記事No.4871

2013-08-31-Sat  21:55:42

さて、株価を予想する上では、

政治的な要因と、経済的な要因と、物理的な要因が

重なって、連動し、不規則な動きをかもしだします。

それぞれに強力な力を持ちますが、一番力のあるのは、
1番目、次に2番目、次に3番目の項目です。

しかし、出現率、つまり、市場の影響を与える回数は
2番目、3番目、1番目の順番です。

1番目は、戦争、危機、などの時に影響を及ぼします。
2番目は、景気判断を市場に反映されるもっとも順当な影響です。
3番目は、有無を言わさない、売買状況による影響で、ファンド買付、解約、信用期日、SQ、月末ドレッシングなどのことです。

これらを踏まえた上で株価は、時にヒステリックに、時にカオス的に振る舞います。

さて、ここで、そのために、この影響が相互作用する予想の中でまず、次の列をみてください。

























この次には、何が来るでしょう。
これらの動きは、効率化されているために、単純なサイクルになりません。

この赤、と黒を数字に置き換えてみます。

-1
-1
1
-1
-1
1
1
1
1
-1
-1
-1
-1
-1
-1
1
1
1
-1
1
1
-1
1

この数列の合計は、-1です。
標準偏差は0.999です。

では、次は何を予想しますか??

つづく・・・

続きを読みたい方は

クリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


お問い合わせなど
カートから直接ご購入(週刊 日刊動画、Cleopatra のみ、顧問契約はお問い合わせへ)
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ