株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


記憶 固執2 記事No.2694

2010-02-21-Sun  14:51:41

記憶 固執1




固執2

神は人間を一つの幸福に満足することのないものとして送り出したが
同時に、一つの悲劇を忘れるようにも作った。
揮発してしまう記憶は生きる術として、悲しみをも取り去っていく。

しかし、固執はどこかには残っている。




不揮発性メモリ

不揮発性メモリ(ふきはつせいメモリ、英: Non-volatile memory)は、コンピュータで使われるメモリの一種で、
電源を供給しなくても記憶を保持するメモリの総称である。
逆に電源を供給しないと記憶が保持できないメモリは揮発性メモリと呼ばれる。




昔はこの揮発性メモリしかなかったため、電池を入れ替える時、すべてのメモリがなくなり、
また時間合わせや、そういう設定をし直さなければならなかった。
ところが、不揮発性メモリが開発されてから、電池が無くても、プログラムはメモリ内に
残るようになった。

これが記憶に残る固執である。
では人間はどうしてここまで固執するのだろう。

昨日のタイガーウッズの会見を聞きながらつくづく思った。
彼は、apologize to her
を繰り返していたが、二つの固執により、この問題は解決されない。

一つは、タイガーは、様々な遺伝子を残すようにメモリから命令されていること。
また奥さんは、忘れられない衝撃をもって、メモリにこの出来事が刻まれてしまったこと。

これはいずれも、揮発性でなく、不揮発性のメモリとなってしまったのだ。

なぜ、メモリに保存用の電力がなくても、データーは保存できるのだろう。
それは、メモリに、必要以上の、電圧をかけて、そのデータが飛び出さない位置までデータを
送り込むからなのだ。

塀の中まで、力によって送り込まれた電子は、再び、同じレベルの力を与えられなければ、
その内側に残ったままだ。
ある意味で、この発明は、量子力学による画期的な発明である。

同じように、忘れるように作られている人間も、ある程度以上の、衝撃で、記憶が送り込まれると
それは消えない。
トラウマという。

タイガーはそれだけの才能を持ちながら、これからは、男から女になると言っている。
それは、可能だろうか。
彼女の傷つけられたプライドはもとにもどるだろうか。

いずれにしても固執が人生を大きな部分を操作してしまっていることに変わりなく、
それを打ち消すためには、そうとうの大きなエネルギーがいる。

過去にこだわってる、それは、ネガティブなことだが、それが固執なら解決はそんなに簡単ではない。



面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

固執 記事No.2597

2010-01-21-Thu  12:58:59

記憶 固執1

我々はどうして、そんなにも一つのものに固執してしまうのだろう。
幸せが落差で計られるとすれば、幸せの頂点は、大きな重要な尺度の一つとして記憶される。

その固執は想像以上のもので、神様が与えてくれた慈悲も、仏様が与えてくれた充足も
そんな概念を壊してしまう。

一度覚えたその味を忘れることはない。

オーディオの師匠であった五味康裕に言わせればこうだ。

「今まで最高と思っていたラジカセの音も、一度大きなスピーカーで聴いてしまった後は
まったく満足することはなくなる。
オーケストラで本物の音を聴けばなおさらだ。」

k531714625.jpg

オーディオファンでなければ、こんなアンプは買わない。
マッキントッシュはPCの名前でなくアンプの名前であってアップルとは全く関係ない。
そんなことを思いつくのは、この音に固執している限られた人間だけである。

しかし、固執はどこにでもある。
その固執が、異常なまでに、何かを追い求めてしまうのだ。

人間は満足することを知らない生き物である。
だから固執の頂点を基準にして物事は計られる。

たとえば
100121103205.gif

古河電池(6937)を610円で買った。
第3波に入る前だ。
大きな相場は5波を形成する。
その5波が一番大きいのだ。
でも、動かなければ、逃げればいい、多少の損切りでもいい。
なにせ相場の材料は自動車電池しかない。
期待は大きい。

・・・・・・・・・・・・・

そしてこの銘柄はその後

100121103315.gif

629円となった。
買値から19円上がっている。

しかし。
1690円まで上がった記憶が残っているのなら、それは利食いとは言えない。
利食いではあるが、辛い思い出である。
利食いなのに、なにも失っていないのに、自分の世界は悲劇を迎えている。

高値覚え。

『恋をして恋を失った方が、
一度も恋をしなかったよりマシである』
アルフレッド・テニソン (イギリスの詩人)

本当にそうか。

EXCELの関数式に

ABS"幸せ" と
ABS"不幸"をいれて

ABS"幸せ" < ABS"不幸" となるなら

その記憶は不幸をつさかどるだけだ。

五味康裕はこう言っている。

音でなく音楽を聴きなさい。


絶対知的な幸福でなく、充足する幸福とは何か。
天井でなく、過程とはなにか。

人間はそれでも固執するように出来ている。

天井を見なければ固執もない。
そしてそれでも天井を求める。

トレードで足るを知る、のは難しい。
それは、記憶との、固執との戦いとなるからだ。

高校生の時、ある朝、友人が新聞の切り抜きを持ってきて叫んでいた。
”妥協中毒”
妥協が蔓延しているという。

妥協は堕落への道のりだ。

その言葉が今も頭を離れない。
それは良いことなのか、悪いことなのか、今もまだ分からない。

・・・・・・・・・
つづく。

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

写真5 記事No.2583

2010-01-18-Mon  23:17:49

記憶 写真1
記憶 写真2
記憶 写真3
記憶 写真4




記憶 写真5

いいこともあれば、わるいこともあるさ。

父なら静かな声でこう言ったであろう。


相場も同じである。
山があれば谷がある。
谷があれば、山がある。

幸せと不幸がその落差だけによって計られるように
損と益も、その落差だけによって計られる。

絶対的な幸福が存在しないように、絶対的によい銘柄も存在しない。
すべては、今と昔、未来と今を秤にかけて歩くしかないのだ。

いいこともあれば、わるいこともあるさ。

さて、メガピクセル競争は、無用の長物だと思っていたが、解像度のUPは、デジタルの場合、
それはフイルムの時代とは別の意味を持つ。

フイルムの場合、そのサイズが大きければ、つまり35mmフィルムから中判、大判とそのサイズを
上げれば、解像度が上がっていくが、それはLサイズしかプリントしないのであれば意味もない。
大きなカメラなど必要もない。
フィルムは色も感度も大きさには関係ないからだ。
つまり大型カメラは、解像度だけのためにあったのだ。

しかし、デジタルは違う。
デジタルのフィルムにあたる光を受け取るセンサーは、細かく数が多いほど、つまりメガピクセルの
数値が大きいほど解像度があがるだけでなく、感度も上がる。
光を受け取る素子が多くなり、感度が上がるからだ。

フィルムも、撮像素子も感度を無理に上げれば像が荒く色が落ちるのは同じである。
フィルムの場合、綺麗な画像を撮るためには、感度を上げるのではなく、露光時間を多く与えるしか
なかった。
要するに夜中なら星を撮るような遅いシャッターで、そのため動くものはまず撮れない。

しかし、デジタルは、大きな撮像素子を使うことによって、解像度と、感度のその両方を上げられるのだ。

メガピクセルの価値は本当にはここにあった。

そしてCANON5Dの持つ、35mmF1.4 のレンズの持つ威力は、すでにフィルム時代に決定的な
別れを示した。

100118124427.jpg

どこにでもある、雨の夜のある景色、
しかしこの色、この空気。
そしてこれはここまでの解像度があるのだ。
拡大してみよう。

100118124751.jpg





時は止められない。
時はすべての物を奪っていく。


100118172623.jpg


永遠が誓えるのは、ほんの一瞬だ。

そのほんの一瞬を止めるために、このレンズがあるのなら、いつもそばに置いておこう。
我々は、その一瞬にしか、生きられないのだから。



記憶 写真 おわり。

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

写真 4 記事No.2558

2010-01-09-Sat  00:46:18

記憶 写真1
記憶 写真2
記憶 写真3




記憶 写真4

探したいのは、ズームレンズではなく、単焦点のもっとも明るいもの。
ズームは非常に便利であるが、今回は、とことん、本当に凄いレンズがあるなら、それで撮ったものを
見たくなったのだ。

標準か、やや広角で F1.2かF1.4のもの。

例のニッコールで、55mm F1.2 が傑作であったのに、後継製品である50mm F1.2 がそうでなかったように
レンズ選びは難しい。

価格コムを見るしかない。

だが、ニコンのレンズを、満足度順に並べてみると
それに当たるレンズは、74本の製品中、28位以下、なのだ。

100108135600.gif

なんと悲しいことか。
ニコンに、そのレンズの用意がないのだ。
最高級レンズはその焦点距離では、用意されていない。
ただ、単純に、使い易いレンズが載っているだけだ。

ただ、見なければ、良かったがCANONのページに
100109001952.gif
100109002023.gif

というレンズが見つかった。
高いため売れ筋ではない、しかし、高いのに2300件以上の口コミ。
そして4.95点という満足度。

明るさもF1.4と希望の範囲だ。

ただ、CANONなのだ。
すでに当方は、ニコンD5000という最新鋭、それも評判の良い機種を購入している。
さらに、父が残したレンズもすべてニコンだ。

それを変えるのか。
それを変えるのか、このレンズのためだけに。
それほどこのレンズはいいのか?

しばらく考えながら、決してトレードではやってはいけない衝動的行動をもって
この問題は解決した。

CANON EOS 5D Mark II + 35mm F1.4

撮らずには居られない。
この明るいレンズと大きなセンサー

・35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー
・高精細・高速画像処理 次世代映像エンジン「DIGIC 4」
・常用ISO感度100–6400、拡張ISO25600

そしてこれらの技術は何を見せてくれるのだろう。

たまたま通りかかった上野公園の小さな滝。
なんのアイデアもなくただシャッターを切った。

見た目では、すでに夜中も遅く、その色さえ見えない。
視覚的には、このような状態だ。

100107121647.gif

緑の色も、黒く見える。
その中で、ただシャッターを押したあと、プレビューモニターに映し出された映像に
まずは、驚いた。

それがこれだ。

100107140951.jpg

このレンズもまた、ただものでない。
ひとつひとつ、写真を確かめる度にその思いは確実なものになった。

100109004248.jpg

もし、美しいと感じれば、そのまま、レンズを向けて、ボタンを押すだけでよい。
同じ色、同じ空気がそこに再現される。

そう、留めたい記憶は沢山あるはずだ。
そこから、趣味、写真は、確実に始まった。


・・・・・・・・・
つづく。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

写真3 記事No.2551

2010-01-07-Thu  12:13:00

記憶 写真1
記憶 写真2




記憶 写真3

NIKKOR 55mm F1.2 (撮影 IXY DIGITAL)
100107104440.jpg

これが、光の意味を自分に教えてくれた忘れられないレンズである。
デジタル処理技術が進んだ今でも、記憶に引っかかっていて、どこかで、写真はレンズ、という概念を
決して消さない偉大なレンズだ。

これを書きながらふと思った。
このレンズの情報が、google なら探せると。

いまの今まで、このレンズに関して話、自分の感想は、小学校の旧友に30年前、話した切りである。
彼も、違うよね、と言っていたが、他のどの人間に話しても、理解されないのは分かっているので
もちろん、話題に上らない。
このブログに載せた話が、生涯2回目の、このレンズに対する、勝手な憧憬である。

自分だけの。

本物とは、どういうものか、と聞かれたとき、
こう答えることにしている。

それは、はっきりと明確に、他と違うと分かるもの。

その意味では、小さな君が、感じた、他と全く違うレンズは、本物のはずだ。


google に入れてみた、NIKKOR 55mm F1.2

そして、こんな記事がでてきた、



小さくて軽い現行品にしようかなあとも思いましたが、買いに言ったその日に著名写真家の人に、
「ニコンとは思えない写りをする」と言われて、俄然興味が湧き、ニコンハウスに行ったら
Ai改造済みで綺麗な55mm/f1.2があり、店長も50mm/f1.2よりお勧めというので、これにいたしました。
逃したら手に入らないかもしれないと脅されて(笑)専用フードと一緒に。

う~、かっこいい!そして試写してびっくり!ボケ味、色ともに超好み!めちゃめちゃお気に入り
レンズになりました。

http://giemon.way-nifty.com/yokotan/2006/03/post_4199.html



ニコンは、55mm の生産を終了した後、50mm F1.2 を発売した。
しかし、それは、55mm12 のレンズとは、別物の、普通のレンズであった。
そのあと、どの新しいレンズを使っても、この色はでない。

このブログの記事を読んで、改めて、本物は、だれが見ても、はっきり、分かる。
再び、その意を深くした。
この著者が撮ったこの写真の色やボケ、それは、懐かしいものだった。

さらに続くgoogleの結果。
それは驚くほど深く、沢山のものであった。

写真という世界がいかに趣味として素晴らしいものか、それを現しているのだ。
1960年代に発売されたたっと一つのレンズに対して、この量は。

さて、いずれにしてもレンズが命である、という感覚は蘇った。

前回載せた IXY でのバーガー
100105111824_20100107112743.jpg

だから、同じバーガーを撮ってみたのだ。
何が、どれくらい違うか、確かめるために。

Nikon D5000 12.3メガピクセル 17-55mm F2.8 1/90 F2.8
100107113017.jpg

このレベルになると、そう空気すら映し出すのだ。

さて、そう思ったとたん、次に現れたアイデアはこうだ。
ズームレンズより、単焦点のレンズの方が、いいに、決まっている!。

ズームレンズは便利であるが、しかし、レンズ構成も複雑になる。
透過性も落ちる、ボケ味も劣る。

では、もっとも優秀なレンズは何か?
それにはここで探すのが一番だ。

カカクコム(2371) 押し目買い継続
100107120851.gif

ここの情報は価格だけでない。
購入者の意見が非常多く収拾できる。
だから、ここを使う。
レンズにもその情報は沢山あるはずだ。
点数化されて、それぞれの商品が紹介される。

レンズ、単焦点、そして、掲示板の評価のもっとも良いもの。
それは、なにか・


・・・・・・・・・・・・・・・・・
つづく
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

記憶 写真2 記事No.2547

2010-01-06-Wed  19:11:45

記憶 写真1
http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-2536.html




その小さなカメラは
IXY DIGITAL 920 IS (ゴールド)という製品で
カメラ部有効画素数 約1000万画素
記録画素数 (静止画) : 3648 x 2736 画素
約155 g

というものであった。
1000円のチャットようのカメラが20万画素
昔の携帯のカメラは100万画素
今では携帯でも1200万画素はある。

撮像素子という光を捕らえる半導体の細かさは、この画素数で現され、これが大きいほど細かく
光を分解できる。
だから解像度も高いのだ。

しかし、一方で、大きなメモリを使い、大き過ぎる写真は携帯からも送れない。
携帯から送るのは小さくリサイズされたものでないといけない。
リサイズは、圧縮を要するので、逆にオリジナルのものとは、精度がおちる。
どうせ、L版サイズのものでプリントし、携帯で送るのなら、大きなサイズで取る必要もない。
PCでみても1600 x 1200 画素で撮影すれば、十分なのだ。

大きな解像度、大きな画素数、メガピクセル(100万画素以上のこと)競争は無用なのだ。
フイルム時代のカメラの、傑作レンズが持っていた、色、コントラスト、解像度は
すべて、このDIGITAL技術が補ってくれる。

2008年 クリスマスイルミネーション 六本木
100106114635.jpg

十分ではないか、この輝きはフイルムでは、でない。
155gのマシンは、小さな君が大切にしていた、写真の中での「光」を再度与えてくれたのだ。
光 と 影
世の中は、この二つでできているのだ。
光なくして、影なし、影なくして色もなし。

0と1のたった二つの情報は、この壮大な画素数によってその二つを演出するのだ。

自分が写真が好きだったは、父の影響である。
その父が昨年他界した。
遺品を整理しているうちに、沢山のデジタル一眼レフがでてきた。
もちろんニコンである。
だが、晩年彼は、大きくて重い一眼レフをあきらめ、小さなデジタルカメラに変えていた。
自分はすでに、達観、していたので、デジタル一眼レフを通ることなく、小さなデジタルを使っていたのだ。

それでも、そのニコンを触ると、何かが伝わってきた。
シャッターを切る音、ファイダースクリーンの中でピントが合う様。
それは、一眼レフならではのものであり、意を決して、一つの作品を作る、そう、創造する、
何か残すのものへの、必要な入り口であったような気がした。

二束三文のカメラを捨てるのももったいない。
ほとんど使っていない、このカメラで、少しだけ、味わいを感じてみようか。

紫陽花が咲きほこる頃、ありきたりのズームレンズで撮った1枚がこれだ。

100106120305.gif

それは見たことない色だった。
これが一眼レフなのかな。
同じ、大して違わない画素数で、何が違うのだろう。
それは、レンズなのか?この大きなレンズなのか。
忘れていた、傑作レンズへの想いが、そっと蘇った。
55mm F1.2
nikkor のこのレンズは、光の意味を教えてくれたのだ。

.......
つづく。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

写真 記事No.2536

2010-01-05-Tue  11:24:33

(以下、相場とは関係ありません)




記憶 写真1

人間は年と共に「生」への執着が薄れ、代わりに何かの「生の証」を残したくなるものと思う。
それが子供であってか、その他の創造のものであってかは、それぞれであろうが
何かを証として残したくなることには違いない。

30年振りに"写真"という趣味復活させたのもそのためかも知れない。
過ぎ去っていく全てのもののなかで、せめて1/1000秒だけ、残すためだ。

自分はもともとは、ニコン派で、決してキヤノンや、ましてやペンタックス、ミノルタなどには
全く興味がなかった。
ニコンファンであった。
ただ、一度、10歳の時、初めて与えられた一眼レフがキヤノンであっただけだ。

その後は、すべてニコンFという名のつくカメラを愛機としていた。
ニコンはもともと日本光学株式会社を1988年に社名変更したものだ。

日本光学が作ったレンズは世界に冠たる超一級品だ。
なんと言っても、戦時中、戦闘機から爆弾を落とすときに使う投下目標を定めるためのレンズを
作っていたのだから。
そう言われてなお、そのレンズを誇るようになった。
ドイツのレンズを凌ぐ、きっと世界一のレンズだ。
それが、日本光学のニッコールというレンズ。
そして、その名前を借りたのが、ニコンなのだ。

そのニコンのカメラとニッコールを誇らしげに付けながら風景を探していた時代は遠い昔となった。
いつしかカメラも写真も趣味から遠ざかり、小型のデジタルカメラを使うようになった。
それは、風景を写すためでなく、ただ、記念の写真をとるだけのものとなった。

旧友は未だもってフィルムと古いニコンを使いながら、やっぱりフイルム(フィルムでなく)はいい、
といいながら、往年の趣味の王道を行っているようだ。
だが、プロのカメラマンになった他の友人を含め、まだ、デジタルを嫌っているのは、彼だけとなった。

デジタルになったとたん、何を基準に選ぶべきか。もう何も選べなくなった。

あんなにニコン派であったが、
CANONの企業としての実力はニコンを抜いた。

ニコン(7731) 資本金 654億円
キヤノン(7751) 資本金 1747億円

ニコン(7731) 有利子負債 1161億円
キヤノン(7751) 有利子負債 119億円

である。

時代は、製品だけでなく、企業にも生き抜く術を求め、7751は7731に勝ったのだ。

それでも初めてのデジタルカメラはニコンとなった。
レンズもどうせ、というレベルでしか見ていない。
ただ、ブランドを捨て切れなかっただけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・
それからまた年月が経った。
それぞれが、どんな企業として成長してきたかは年足を見れば
明らかだ。

7751 年足
100104210918.gif

何を戸惑おう、すでにFAXコピーはCANONと決まっている。
サポートもすぐつながる。
デジタル技術だ。
形を見ても、それは、CANONで十分なのた。

40年ぶりに手にしたCANONの小さなカメラはこれだった。

IXY Didital
100104211332_20100105111052.gif

デジタルの原理は分かる。
しかし、小さなカメラの小さなレンズでは、ろくに絵など取れないのだ。
ニッコールを愛していたのは、レンズこそ、色を拾い、背景を作り出す、
それをずっと感じていたからだ。
55mm F1.2 いつも頭にある、このレンズの色の記憶は、小さなデジタルを
バカにするには十分だった。

少しは、色が良くなっているんだろう。
でも新聞紙に拡大するわけでもないのに走り続ける、メガピクセル競争など
無用の長物、このIXY DIGITAL 920 IS (ゴールド)は10Mピクセルだ。
メモリを喰うだけのこんな解像度は入らない。
ただ、こんなに安いのでは文句も言えない。
傑作ニッコール55mm F1.2 は35年前でも5万円を超えていたのだ。

今のデジタルカメラってどうなの?
IXY Digital がくれた物は、それまでのおもちゃカメラの概念をかえるものではあった。

100105111618.jpg

十分ではないか、と思ったのだ。

100105111824.jpg

おいしそうではないか、と思ったのだ。

少なくとも、フイルムでは得られない、十分な色と、コントラスト。

その後メガピクセル競争の訳が本当に分かるまで、この小さなカメラは、愛機であった。
・・・・

つづく。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ