株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



市況 記事No.2817

2010-04-14-Wed  09:56:45

レポート情報をお送りします。(今週は一部レポート情報を公開しています。)




NYダウ 週足
100414091947.gif

昨日もNYダウ、ナスダックとも上昇し、さらに高値を更新した。
チャートは、まだ行き過ぎのポイントに達しないため、きっかけがなく、決算を評価しようという動きが
まだ、高値警戒を勝っている。

一方、週足での位置を計ると、2007年のGW明けの水準まで加熱してきたことになる。
何かの事件や、より深い問題を示現しても良いタイミングとなった。
MACDの水準は、大天井時の高値警戒を促しながら、株価はその水準を維持するという天井時の形。

このサイクルは数ヶ月続くことがあるため、いったん押したとしても、三尊天井の形も予定して
おかなければならない。
今回は、いずれにしても、まだ大天井の形ではなく、押し目待ちの形である。
そのため、前回のような、週足での大きな三尊天井でなく、調整のため短期トレンドでの
ダブルトップなどを確認しておきたい。

大きな調整となるかどうかは、その短期調整が終わった後の話なのだ。
しばらくは、5週移動平均が市場を支えるため、そのラインを注視したい。




今週は少し、トレードに役立つツールを紹介いたします。

お問い合わせは右サイドバーよりメールでお願いいたします。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

煮詰まる。 記事No.2786

2010-03-24-Wed  19:29:43

モンタナレポートでは



前回、http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-2769.html

今回の相場には、後押しが必要であり、それはドル円の上値抵抗ポイント91.20円を取ることがそれにあたるとした。

それまでは、株式も上値抵抗ポイントが重い展開になるとしたが、本日、ドル円はこのポイントに達した。

ドル円 週足
100324191612.gif

もちろん、問題はこの先、この週足のモンタナバンドの上値抵抗ポイントをとって、その価格を維持できるか
どうかが重要なわけであるが、とりあえず、つっかけた。

と同時に26週線が上に向いてきた。

株式市場は、ここをドルがとって大きく動く前が仕込み場であり、ドルの急騰と同時に、株式の高いところを
仕掛けようとするのは、隣の畑の実だけ積もうとする悪者のすることである。
相場は、そういう態度を許さない。

安いところを買うことだけを考える時期であることは再三述べた。

押した銘柄の、みんなの拾わないタイミングを狙うことは、統計上においても、格言においても有利である。
ただ、投資家のほとんどは、悪者である。

トレンドが作られる前に種を仕込むべきであろう。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

重箱の隅をつつく 記事No.2762

2010-03-15-Mon  10:07:42

先の3月のSQ値は10808.73円であったが、NEWSによれは、この値は9時6分にわずか11銭ブレイクしたが
結局この数値を引けまで捕らえることができず、幻のSQ値となった。

さて、この幻となった、という意味はなんであろうか?

これこそ重箱の隅をつつくNEWSで、大切なのは、SQ値が幻となったかどうかではない。
幻とは、そんな簡単な軽い言葉ではなく、もっと重要で深い意味を持つ言葉であり、
わずか、一日の、誰も気にしていない、そのSQ値を越えるかどうかの問題に
この言葉を使うのは、NEWSであるかに他ならない。

重要なのは週足であり

日経平均 週足
100315093758.gif

これが、しゅうあし、というレンジで、レッドゾーンに乗り切れるかどうか、が問題なのである。
SQ値は、先物、OPの3月限りを持ち越した投資家だけが気にする事項で、それ以降は
相場は、そんなことは気にしない。

気にしないで、下がり、気にしないで上がる・

よって、重要なのは移動平均26週線と、レッドゾーン、そして滞在日数である。

重箱の隅をつついているとろくなことはない。

ポジションを作りたい、作らせたい、気にしたい、のは、証券会社と相場中毒の投資家だけである。

マーケットの魔術師(右サイドバーでの絶対推奨の本)で言っていたのは
投資家は、自分の好きなものを、マーケットから取っていく。
それが利益であろうと、手仕舞いたいという気持ちであろうと、ポジションを建てたいという
満足感であろうと、取り戻したいという復讐心であろうと、相場は提供する。
投資家は、やりたいことをやっているだけだ。
それは利益と関係ない、ただの我がままであってもだ。

マーケットの魔術師という本は、本当に深い。
それが日本で受けなかったのは、日本のレベルが、童謡しか評価できないレベルにあるからだ。

すぐ儲かる、一日10分

投資はそんなものではない。

重箱の隅はいくらでもつつける。

それが望みなら、いくらでも提供しよう。
寄り付き後、初値から上の30円幅の売り板の総数と30円下の買い板の総数を比べると・・・・・・




しかし、大切なのは押した後、つまり利食いが入った後、どこで、再度大きな買い物が入るかだ。
それはある移動平均を下回った直後に起こるかもしれない。
ではその移動平均とは、・・・・・

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

さまざまな問題の後 2 デフォルメのすすめ 記事No.2736

2010-03-06-Sat  12:43:18

前回



2010/03/03(水) 09:36
[Montana Market Report]

今回はユーロ、ポンドの調整が長引いた。
ただその間、株式市場は、トレンドを作らず、日柄調整を待った形を取っている。
そろそろ、その時期も終わり、仕掛けの時期を迎えていると考える。

ドルは、利上げ観測とその後退を繰り返して、円に対しては若干売られたが、輸出企業への
反応は大きくない。
それより、これらの企業が売られ続けたという影響のほうが、相場を支配しそうである。
そのため、優良企業は依然として、買い、有利である、と考える。

さて、リンクが崩壊した。
ユーロ安が招く、原油安も、ユーロ安が招く、豪ドル安も、綺麗なリンクを作っていたが、
今は別々に動けるようになった。

そのために、通貨間のさや取りも難しい予想を強いられる。
ただ、売られすぎたものは時期をまって逆のポジションを取っていくことは有利と思われ、
今後もユーロ、ポンドの戻りをチェックしたい。

個別銘柄はそろそろ推奨を再開したい。



とした。

ここ数週間の、利上げ、利上げなし、ユーロ圏低迷、円以外の通貨の売りたたき、
など、さまざまな状況のなかで、株式市場はそれでもトレンドを作らず、これらの通貨の
反転を待っていた。

この時点で言えることは、これらの景気指標や、要人の発言に翻弄されるのではなく
チャート、つまり相場は何を伝えたいか、聞き取ろうとすることである。

これは、木曜日までの日経225先物のローソク足である。

100306122839.gif

見れば見るほど分からない。
それならば、こうした方が良い。

これは、チャートにおけるデフォルメである。

100304091855.gif
3/4の移動平均とMACDをストキャスティクスである。
これらが、一体何を示そうとしているかを問うのも、チャート分析の重要な仕事である。

たくさんの時計を持っていれば、何時か分からない。
しかし、重要な時計を一つだけ持っていれば、何をすべきか見えてくることもある。

市場が、今週何をまって、どうしようとしていたのか。
それは時に、移動平均という、単純なテクニカル分析と、それから派生したタイミングを計るオシレーターは
時折、重要な局面を伝える。

皆はこういう。
良い材料がでたから、移動平均線が上に向いたのだ。

しかし、チャート分析からいえばこうである。
移動平均が上がるなら、そろそろ、良い材料がでるはずだ。




昨日は、通貨各市場はモンタナバンドの最下点から、大きく反転した。

ポンド円 日足
100306201055.gif

原因は、このバンドの最下点まで叩かれてしまったからである。
そして、それは、株式市場の待っていたことである。

NYダウ 週足
100306201404.gif



それは、私が言っていたのではなく、上のチャートが言っていたのである。

時に我々投資家は、我々のポジションに味方するチャートしか信用しない。
しかし、相場は、我々のポジションや、苦労を全く知らないのである。

銘柄が育つ時期が到来する。




チャートの勉強はCleopatra

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

さまざまな問題の後 記事No.2723

2010-03-03-Wed  09:36:32

今回はユーロ、ポンドの調整が長引いた。
ただその間、株式市場は、トレンドを作らず、日柄調整を待った形を取っている。
そろそろ、その時期も終わり、仕掛けの時期を迎えていると考える。

ドルは、利上げ観測とその後退を繰り返して、円に対しては若干売られたが、輸出企業への
反応は大きくない。
それより、これらの企業が売られ続けたという影響のほうが、相場を支配しそうである。
そのため、優良企業は依然として、買い、有利である、と考える。

さて、リンクが崩壊した。
ユーロ安が招く、原油安も、ユーロ安が招く、豪ドル安も、綺麗なリンクを作っていたが、
今は別々に動けるようになった。

そのために、通貨間のさや取りも難しい予想を強いられる。
ただ、売られすぎたものは時期をまって逆のポジションを取っていくことは有利と思われ、
今後もユーロ、ポンドの戻りをチェックしたい。

個別銘柄はそろそろ推奨を再開したい。

つづく。。 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

市況 記事No.2641

2010-02-03-Wed  12:36:56

日経225先物 日足
100203123129.gif

なかなか思い10500円であるが、10360円の抵抗ポイントはとりあえずとった。
もたついているのは、ドルが動かないからである。

ドル円 日足
100203122925.gif

明確に26日線を上抜けばすっきりするが、それは91.21とまだ70銭以上空いている。
ただ、数日でMACDが買い転換するため、その時点でここを取っていれば、株式市場はもっと素直に
買われるはずである。

つづきはレポートで。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

誰か 本当のことを 知っているのか。 記事No.2607

2010-01-25-Mon  15:31:00

NYダウ 月足
100125150100.gif

今回の問題は、それほど大げさなものにならない。
とくに日本市場にとってはヘッジファンドへの規制の影響はそれほどでないであろう。

証券関係者は口をそろえて、こう言う、ことになっている。

真実は、株価のみがしる。
今回は、ドルという通貨の動きだけでは計れない。

ファンドは金、原油、などにも大きなリンクを張っているからだ。

もちろん、債券が暴落しない今、危機を訴えるのはまだ早いが、戦う準備は出来ている、
この言葉が何を意味するかは、まだ不明だ。

いずれにしても、週足では、一本調子の、過熱感なき上げ、が続いていたため、
それに応答したチャートは週足ではみることができない。

月足では十分な上昇に対して、十分なレンジが空いており、月ベースではこの値幅で動くことになる。
下値抵抗ポイントは9315ドルでここを割り込んでも月足でレンジに入っていればよい。

入らなければ、まだ問題は解決されていない、ということになる。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

カオスとの戦い 記事No.2603

2010-01-25-Mon  02:05:51

政治界 対 金融界

そんな構図が突然現れるなんて寝耳に水だ。

チャートで言えば

NYダウ 週足
100125015100.gif

である。
加熱し過ぎて急落というのでも、徐々に転換していったのでもなく、突然に導入される新しいルールで
驚く市場。

これらをカオスとしなくて、なんとしよう。

さて、景気を金余りを背景とした市場活性、市場インフレでここまで、立ち上がらせてきたが、
いきなり、市場を正義に戻す、というのが、政界。
あくまでも、ものでなく、数字で生きていきたいのが金融界。

銀行が仕手筋に市場を牛耳るようになって何十年と経つ。
それを辞めさせる、のだという。
それは、正義ではあるが、市場は混乱となる。

具体策があられるまでは、混乱となろう。

戻ったところは慎重に見ておくべき。

これは、事故ではなく、事件なのだから。
事件は長引く。

金も、原油も、なぜ上がってきたのかは、これから明らかになろう。
正常値への回帰は行って来い、となる場合が多い。

では、行って来いの値はなにか。
金は400ドル、原油も40ドルか。

NY金 
100125020328.gif

目先の上げ下げを無視して少し本質を見つめる時期となろう。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

掉尾の一心 記事No.2521

2009-12-28-Mon  14:57:49

ここ数年、死語になってしまった掉尾の一振
今年はどうでしょう。



レポートより


日経平均 日足
Image14.gif

9000円近くまで調整して、ドルとともに反転した相場、それなりの勢いを継続中である。
掉尾の一振ともいえる買い物も見られ、個別材料株も良い形を作ってきた。
日経平均自体は、第三波動を継続中であり、あと2波動を残す。

さて重要な月足であるが、現在は

Image15.gif

と24ヶ月移動平均線にタッチしてきた。
上昇波動である、............

レポートに続く。
今週号は、来年の超有望株5銘柄が入っています。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉 銘柄 記事No.2517

2009-12-28-Mon  04:01:51

ただ今、レポートでは、来年の成長株有力候補5銘柄を公開しています。
来年一年、これらの銘柄を柱として、良いポートフォオを構築するために是非参考ください。
来年のお年玉銘柄公開です。

株式レポート
ご購入 
解析+戦略+勉強:テクニカル、海外、個別、連載など

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

問題はひとつ 記事No.2460

2009-12-03-Thu  09:22:14

この動きが中期トレンド形成へむけたものかどうか。

レポート上に、新規3銘柄を追加しました。

引き続きユーロ円132円の攻防に注視。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

気迷い続く 記事No.2406

2009-11-16-Mon  18:02:47

本日も気迷いが続いたが、そもそも経済産業相が、その前の会議で8:50に発表のGDPを
30分も前に漏らすなど、ちぐはぐな動きはいろいろなところに見られる。

ただ、これもそれも、現在の位置が重要な上値抵抗ポイントの手前にある、というところからくる。


GAN アングルトレンド 日経平均

091116175033.gif

戻りに、その限度を当てはめて、まだ生き残る道があるかどうか、判断するポイントが
このGANアングルトレンドである。

NY市場も東京市場も、反転のあと、それが新しい波動として続くか、それはどのトレンドに
入っているのかは、このGANの示すところである。

前回述べた、たとえ戻っても、上値抵抗ポイントを取れないと、その波動は余韻に留まる。

たとえば、先ほどのチャートを拡大すると
091116175105.gif

・・・・・・・レポートにつづく。



面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

風を読む 夢のひとつ 記事No.2395

2009-11-11-Wed  00:35:00

誰もがドルの強さに感心している。
リーマンショックを含めて大暴落を予測してきた希な
経済評論家たちも、リーマンショックまでは予測できたが
そのあとのドルの力強さに舌を巻いているに違いない。

しかし、彼らはそれでもドルの暴落は時間の問題だという。

その後のドルの強さや、NYダウの強さは、アメリカという国の
誇りなのかも知れない。
同じ過ちで市場を殺しはしないという、正義感が誇っているようにも
見える。

しかし、ドルでいえば、その地位は時間と共に失われていくことは
それでも仕方なく見える。
誇りはそれで良しとしても、誇りだけで支えられる程、通貨市場は
小さくないし、地球は狭くない。

株式市場は、この・・・ (レポートへ続く)




続きは更新情報に掲載しています。
レポートご購読の方はログインしてご覧ください。

※「Montana Market Report」レポート会員ご希望の方はこちら 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

風をよむ 記事No.2358

2009-10-23-Fri  10:14:13

今週はなにもしない方が良い日が続いた。

問題は週末にとる日経平均のポイントだけで、その他の動きは参考にならない。

いまそんな中相場はどの方向を向けばよいか迷っている。
交差点の真ん中でどの信号に目を向けるべきが迷っているのだ。

今週はすくなくとも、それはドル円でもなく、ユーロ円でもなく、海外市場の動きでも、
新興市場の動きでもなかった。
今週は、原油80ドルへの乱高下が相場を作っていたのだ。

安値からの切り返しも、高値からの急落も、原油80ドルという、高い位置からの乱舞が
相場を乱したとも言える。

そんな中で次期、主力信号の一つ、豪ドルが堅調に推移した。
さらに、たたかれたポンド円はすでに152円まで急回復したのだ。

今後必要なのは、相場がどの信号を見ているか、である。

市場は完全にこの歌になった。



面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Montana Market Repot 先週号のご紹介 (一部) 記事No.2340

2009-10-16-Fri  10:26:12

Montana Market Repot 先週号のご紹介 (一部)

---------------------------------------

風を読む ふらちな悪行三昧のはじまり

一つ 人の世に生き血をすすり
二つ ふらちな悪行三昧
三つ 醜い浮き世の鬼を・・・・・・・・

儲けることが悪いわけではない。
しかし、儲けることが義務づけられている以上、儲ける方向に、未来も過去も顧みず
進むのがプログラムというものかも知れない。

先週は明らかに、今までのリンクが崩れてきていた。
たとえば、ユーロ円とNYダウ

ピンク:DJI 白:ユーロ円
091012092327.gif

一時100%近くも行った連動率は今は20%台に落ちた。

黄色:原油 白:ユーロ円
091012094238.gif

原油とユーロ円も動きをともにしてきたが、連動率は今は20%になってしまった。

また通貨では

ドル円:赤 ユーロ円:白
091012095018.gif

と一時連動率を低下させたが先週後半から連動率を戻してきた。

このように、崩れていったもの、戻ってきたものと、ここのところの新しいリンクは
新たは資金が、新たなポジションに入っていって居ることを示している。

すべては、金利がつくかどうかの問題だ。
この金利だけを餌にして、自重することなく、どんどんと危険な領域に資金は潜り込む。
そこは自制のない修羅場だ。

それでだけ、稼げる商売は、それだけが目的だ。
リスク分散もなにもなく、ただ金利を餌にする悪行三昧だ。

桃太郎がでてくる金利ピークアウトまで、儲けはつづく。

..............................

株式レポート 詳細 ご購入
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

本日はプレゼント銘柄 記事No.2333

2009-10-15-Thu  09:09:42

レポートでは先週より、買い3銘柄を追加しましたが、本日はレポート御購読ご希望の方に
特別に銘柄を無料プレゼントします。

http://form1.fc2.com/form/?id=239497

でお申し込みの上、ご応募ください。

最小単位で儲かった場合、御購読をお願いいたします。
(紳士協定です。強制はしませんが一度だけです。 過去に会員になったあと、退会された方もOKです。)
応募は無料ですが、儲かるとか限りません。
が、買い推奨の銘柄です。

レポート代金を上回った場合、このブログにて告知します。

購入基準価格を本日午前10時の株価とします。
お早めに。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ドルはどこへいくのだろう 記事No.2287

2009-09-29-Tue  17:20:51

ドル円 GANトレンドアングル
090929164114.gif

相場は人生の一部である。
なら
人間は国家の一部である。

並列される事例の前後の何が違うと言えば、その大きさと長さである。

人間はすぐに死ぬが国家は末永く生き延びる。
人生は一瞬で終わってしまうが、NYダウのヒストリカルデータは十分に長い。

さて、人生の中で起こるさまざまな不思議な現象の中に、こういうものがある。
逆転。

人生すら相場の一部である。
また
国家すら人間の一部である。

このとき、各事象は本来の本質を忘れ、異常は状況を形成する。

ドルが売られ、円が買われるのは、教科書通りなのに、その経済の教科書には、
裏で仕切られる世界の仕組みについて触れない。

真実が明らかになるまえに、人生が終わってしまえば、嘘も本当の世界だ。

ここまで何度となく訪れた、ドルの危機も、その相場の長さから、実体を隠したままだ。
ドルはいくら刷っても、AAAのままだ。

日本の社会保険制度も、やりたいように私腹を肥やしてきた建設計画も、すべて
50年間に作られた秘密の制度だった。

日本はこの点だけ、すこし、変わった。

しかしもっと大きな巨人の世界にはびこらせた秘密の制度は、短い人生のなかで
明らかになるだろうか。

今世界は、分母と分子、因果律の逆転のなかで蠢いている。

景気が良いからGDPが上がるのが普通だが。
GDPを上げるから景気がいい。

そう解釈しようとしてる。
因果律への挑戦はあったとしても、本当は長くつづかないはずだ。

いま中国は、次期アジアの盟主たる地位を狙って最後の仕掛けにはいる。
欧州はこれを好まない。
日本はだまったままだ。

自国の通貨も守れない国になったところから、奴隷制度は復活する。
働いても働いても、儲かっているのは、企業だけだ。

働いた汗は税金を通して、より豊かな国に流れる。
決して戻ってはこない。

さて、それらの奴隷の労働によって支えられたドルは、今、最終アングルの下にいる。
ドルは重いが、それでも、まだ世界の主軸通貨だ。

今回の危機は、ドルではなく、米債券への信頼崩壊から起こるはずだ。
AAAだ。

地方銀行がドンドンつぶれても、気にしない。
国家が格付けしているので、それはそうだ。

米包囲網は、この因果律を正す一つの手立てなのだか、米国も黙ってはいない。
これが狙われる。

チャート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レポートに続く。

株式レポート 詳細 ご購入


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ドルキャリートレードのはじまり。 記事No.2261

2009-09-10-Thu  13:52:56

風を読む ドルキャリートレードのはじまり。

はじまりというか、はじまっていたというか。

本来なら、欧州も相応の打撃を受けているはずなので、金利差はさらに縮小するのが
筋であるが、ここにきt、原油や、他の市況がなお、ジャブジャブ資金の恩恵を受け
高値を維持しているため、インフレを理由に、欧州は金利をこれ以上いじりたくないと
言い出しそうだ。

その関係が続くと、ドルを売って、高金利を買う、という流れがまたまたでてくる。

ここまでは、なんとか、景気いいよと他の悪いものには、箝口令でPKOで、どんどん
上げてきた。
詐欺なのだが、人殺しも、詐欺も、持ち逃げも、なにもかも、国家レベルでやれば犯罪に
ならない。
だから、だれにも責められず、どんんどんやれてきた。

だが、しかし、それを最後までやり通せば、問題はないのだが、ドル安はやっぱりまずい。

昔は、円高でも、ドル高でも、それはそれでよかった。
しかし、今守るべきものは、ドルを買ってくれた資金である。

債券が急落しなくとも、米国からでている、ドル債なら、少ない金利に、ドルが売られば
どうなるか、どう思われるかは、火を見るより明らかだ。

じゃあ、ドルキャリーを止めて、融資をしない資金はどうする?
金も原油も、市場は小さすぎる。
株もいいが、仕手株と同じで、上げたまま保てない。

上げられるが、上げた値段で売れないのが、傷だ。

まだ市場は、ドル安、株高、に良い、言い訳を探して、楽観的だ。

・・・・・・・・・・・・・・・レポートに続く。



面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新規売り銘柄 記事No.2192

2009-08-12-Wed  13:42:51

先々週よりレポートでは、自動車関連株の高いところを売り上がりのスタンスで
お送りしておりますが、本日新たに別業種の売り銘柄を追加しました。

レポート購読の方はログインしてご覧下さい。
090812134753.gif



株式レポート 詳細 ご購入

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

先物建玉 記事No.2181

2009-08-06-Thu  23:05:15

090806224751.gif

これは6/12時点の先物の買い方建玉の各社の内訳である。
買い方はバークレイズを筆頭に3-4社でほとんどを占めていた。
しかし時間が経てば経つほどこの比率はバランスを失った。

大きな市場の、大きな部分を一社が占めるのは、何か大きなバランスが崩れているものだ。
それが表面化するまでは、買い方も一緒に歩むかもしれないが、どこかで仲間割れのように
離れていく。
それは仕手株の仕手戦と同じだ。

090806225458.gif

バークレイズのその後の玉の増やし方も異常であるが、それは今後、他の買い手がついていくか
どうかにかかっている。
一人で戦えば、それは市場の浄化作用にあうからだ。

8/6
090806230106.gif

現在バークレイズは、一社で、買い玉の44%をも占めるようになった。
これを異常と言わずしてなんと表現しよう。

買い方は、ここ一人ついていくかどうかを考えなければならない。

一方売り方の分布は・・・・・

レポートに続く。

株式レポート 詳細 ご購入
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

先物手口 記事No.2124

2009-07-14-Tue  18:24:54

225先物 手口 建玉 月火
090714180237.gif


今日、昨日はバークレイズは動いていない。
もっとも動いているのは、ニューエッジ。
藍沢や、立花は相反する手口。

ゴールドマンは、225では売りながら、TOPIXではまだ大幅買い越し。

ゴールドマンが全体で売り越し開始となれば、大きな変化である。

TOPIXでは昨日もお伝えしたようにゴールドマンは今日も若干売り越し
090714182014.gif
                                     
   面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TOPIX 先物建玉 残高 記事No.2120

2009-07-14-Tue  10:17:28

TOPIX 先物建玉 残高

ゴールドマン 29190
UBS 22148
野村 11596

と依然として、ゴールドマンが中心ですが、
ここのところのゴールドマンの手口は

090714101007.gif

とやや売り越し気味です。

一方原油は

NY原油 週足
090714101519.gif

ここから中期での重要なポイント55-54ドルを試しにきます。
ここを離れないと、さらに原油の下落は続きます。

これらは、レポートで追跡しております。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ナスダック引け 記事No.2111

2009-07-11-Sat  13:47:58

ナスダック 週足
090711132305.gif

金曜日の動きは、SP、NYダウはマイナス、ナスダックは+で引けた。
東京市場に影響を与えているのは引き続きナスダックの方である。
連動率をみると

上:日経平均 下1 対ナスダック 下2 対NYダウ 連動率
090711133126.gif

ナスダックとの連動率は96%に達しており、NYダウの84%を上回る。
一方、ナスダック自体の動きは、上昇波動であるレッドゾーンを割り込んで3週間目を迎える。
下げは、ゆっくりと行われ、トレンドを大きく崩していないが、これはまだMACDが、売り転換と
なっていないためである。
当面は26週線が意識される展開となろうが、NYダウがさらに26週線と近づいているため
それが先にチェックされよう。

さて連動率を他の市場と比べてみると・・・

レポートに続く




今週の目次

個別戦略 戦略と中期銘柄2

風を読む 叛乱のはじめのはじめ

概況 NYダウ 10年債 他

国内株式市場
 日経平均 週足
 日経225先物 日足

海外株式市場
 NYダウ 週足
 ナスダック 週足

先物建玉
 変化上位証券手口:主力証券追跡 225+TOPIX

外資系動向
 7月パターン

通貨市場
 ドル円 週足
 ユーロ円 週足
 ユーロドル 週足

商品市況
 NY原油 週足
 NY金 週足

5DAYS
 買い2銘柄
 売り2銘柄

今週の特集 連動率からみる注目の市場




先週までは石油株の売りから、資源株の売りにポジションを追加、
今週は買いの銘柄、さらに転換ポイントのチェックを行います。

株式レポート 詳細 ご購入

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

日経225先物と原油 記事No.2079

2009-07-02-Thu  19:59:07

レポート上に日経225先物と石油について更新しました。

本日はマーケットプロファイル上で
090702125846.gif


中心値が切り下がる展開でした。
前兆がいくつか散見されます。

詳しくは 0990-518-518 (NTT回線のみ) か レポートをお読み下さい。

レポートお申し込み




225先物売買情報

残り建玉
06/25 13:23 9840 S1
06/25 13:55 9830 S1
07/02 09:23 9940 S2 イブニング引け 決済

マーケットアプローチ 先物売買情報 は
右サイド問い合わせよりお尋ね下ください。

決済済み 合計 +820

07/01 15:10 9930B2 07/02 09:00 9970 +80
07/01 20:00 9970B2 07/02 09:00 9970 +0
06/26 14:32 9890B2 09/29 17:30 9840 -100
06/26 16:32 9830B2 06/29 17:30 9840 +20
06/26 14:32 9890B1 06/25 14:36 9890 +0
06/18 09:31 9680S2 06/25 13:09 9850 -340
06/25 09:47 9690S1 06/25 13:09 9850 -160
06/22 10:22 9780S1 06/22 20:00 9730 +50
06/22 10:04 9810S1 06/22 20:00 9730 +80
06/17 09:00 9720S1 06/19 15:10 9770 -50
06/17 09:28 9790S1 06/19 13:57 9720 +70
06/19 09:00 9760S1 06/19 12:59 9710 +50
06/16 20:00 9810S2 06/18 09:20 9730 +160
06/16 20:00 9810S1 06/17 11:00 9790 +20
06/12 13:35 10140S1 06/12 20:00 10110 +30
06/12 13:16 10120S1 06/12 20:00 10110 +10
06/12 18:45 10110S2 06/15 14:00 10060 +100
06/15 12:43 10050S1 06/16 18:12 9810 +240
06/15 09:00 10110S1 06/16 18:12 9810 +300
06/12 10:12 10070S1 06/16 18:12 9810 +260

ここでリアルタイム公開は期間限定でお送りしております。
上記はリアルタイム公開結果です。
また上記は、買いは売り板価格、売りは買い板の価格の結果であり、理想売買価格ではありません。

またテクニカルに興味のある方は、左バーのテクニカル大全をお読み下さい。
日々更新中。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

風を読む チューリップバブルと今 記事No.2049

2009-06-26-Fri  10:10:00

チューリップバブルと今

べたなタイトルであるが、よくよく記憶をたどって比べなければなない。

もともと、歴史的にもっとも有名であった、このオランダのチューリップバブルとその崩壊理由を
比べてみると、一体何が同じで何が違うのだろう。

違う面から比べてみると

まず、オランダのチューリップバブルは、その後の経済にほとんど影響を与えなかった。
ましては、世界的には何の影響も与えていない。
国内の小豆相場と同じである。

投資家が違う。
大衆のパニックがまたパニックを引き起こす投資と違って
現在の投資家は、国ベースで連携された中央銀行連合である。

規模が違う。
そのため、世界規模で発生しているバブルとは影響の範囲が違う。

法律が違う。
今の法律は、現状維持を目指して変えられる。

さて一方、同じものは、

信用取引である。
もともと球根は現物取引であったが、結局は、信用取引まで形態は拡大した。
そのものがなくても、ペーパーで売り買いできるデリバティブ市場であることは同じである。

対象に絶対的な価値が存在しない。
球根も生産価格以上のレベルを取り、投機以外に見合わないレベルが続いた。
株式は、PER15倍で取り引きされた。
たとえば、一株利益30円なら450円が標準的な歴史的な価格であるとして、
それが900円になれば、2倍離れるということになる。
しかし、来期は、一株利益が60円になると言われれば、それまで。
最終的に、家一軒と交換された、球根一つは、大暴落を招く。

さて、問題は、大暴落を招いたきっかけでなく、価値のないものへ、投資が続いた
状況である。
今、もっとも違うのは、その規模である。

これらの中でここでふたつの問題を再提起しなければならない。

問題1。
すでに廃棄され始めているドルは、一体どこに価値をおくのであろう。
また、デフォルト州を多く排出しそうな国の債券は、なんの価値をおいているのだろう。

金利が5%ついて、通貨が変動しなければ、それでいい。
しかし、それには、通貨という基準が変わってはならない。

通貨を維持する方法は、二つある。
一つは、格付けが維持されるように、良いバランスシートを示すこと。
二つ目は、他の国の格付けを下げること。

である。
通貨だけは、絶対的な価値がなくとも、暴落とならない。
仕組みが相対市場であるからである。
しかし、相対市場であったとしても、その国の中では、絶対的な価値となる。
この価値を左右させてしまうのが、デフレ、インフレである。
通貨は、この場合、上の二つの方法以外、国内で対策を取らなければならない。
換金できない、国債に価値はあるのか?

問題2。

・・・・・レポートに続く。

株式レポート Montana Market Report 今週号 風を読む より

レポートお申し込み






面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

各種解析 ただ今配信開始 記事No.2013

2009-06-22-Mon  07:11:34

Montana Market Report 今週の目次

風を読む:風を読む マンガ館の なんで

概況  :主力インデックス相関重要ポイント

個別戦略:戦略+推奨銘柄
090622065403.gif

国内株式
 日経平均 週足
 日経225先物 日足

米国株式
 NYダウ 週足
 ナスダック 週足

先物建玉
 225先物
 TOPIX先物
 変化上位証券
 ドテン率
090622065815.gif
090622065934.gif
090622070052.gif

商品市況
 NY原油 週足
NY原油 GAN
 NY金 週足

通貨市場
 ドル円週足
 ユーロ円週足
 ユーロドル週足

外資動向:6月パターン分析 SQ後の推移
090622070530.gif

5DAYS:売り銘柄 買い銘柄 更新

個別戦略




レポートお申し込み


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

株式レポート 配信開始しました。 記事No.1963

2009-06-15-Mon  09:15:44

株式レポート 配信開始しました。
--今週の目次--

個別戦略 戦略と中期銘柄2

風を読む 残されたいけない道

概況 NYダウ 10年債 他

国内株式市場
 日経平均 週足
 日経225先物 日足

海外株式市場
 NYダウ 週足
ナスダック 週足

先物建玉
 変化上位証券手口

外資系動向
 6月パターン

通貨市場
 ドル円 週足
 ユーロ円 週足
 ユーロドル 週足

商品市況
 NY原油 週足
 NY金 週足
5DAYS
 買い2銘柄
 売り2銘柄

今週の特集 巨大なプログラムの罠




株式レポート ご購入
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

巨大なプログラムの罠 今週の特集 記事No.1958

2009-06-13-Sat  12:56:38

NYダウ 日足
090613122943.gif

NYダウは昨日も引け数十分の買い物で+で引けた。
もっとも東京市場に多くの影響を与えるナスダックはマイナスで引けた。

これらの影響に関する度合いはレポートで報告したが、この影響、つまりはプログラミングは
すでに相当の大きさで世界市場にはびこっている。
それはまさに映画「ターミネーター」に出てくるスカイネットのようである。

スカイネットのように自我を持つことは、いまだ生命の誕生の秘密の数ステップしか
分からない現代科学では、誕生しえないが、それでもこのような大きなプログラムが
一つの意識を持ってしまうことは、あり得ることかもしれない。

なぜなら、そのプログラムの先祖は人間なのだから。

さて、初めのチャートはNYダウをこのプログラムで走らせた結果である。
これは、ようやく最近の研究で明らかになったことであるが、勝率は70%に及ぶ。
それも、暴落、急反転、どの時期でも相当の成果を出している。

これら通常あり得ない勝率が、マーケットに隠されていることは、驚愕の事実である。
これらをもっと長い期間、中期のトレンドでみるとこうである。

NYダウ 週足
090613123419.gif

それでも70%近い勝率は、このプログラムが、何かの根本を支えていることと、それらが
長期に渡って相場に入り込んでしまっているところの証しである。

もちろん、その秘密は公開できないが、すくなくともこの成果を、別のカタチで提供できると
考えている。

そこで、これらの理論を使った銘柄を選定する前に、東京市場や、通貨市場でこれらの
プログラムが入り込んでいるかを調べてみた。

レポートに続く。・・・・・

株式レポート 詳細 ご購入




審判の日

ときおり触れる、これら映画の話や、ジョークは、相場と関与してしない訳ではない。
あり得ないことが、現実に起きていることは、すでに明らかであり、それらは、決して
表にでてこない。

ターミネータ3で、審判の日の前日が、通常の平和な日であったことは、いつもの典型的な
天井形成の証しと同じである。

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

5DAYS 結果報告 記事No.1953

2009-06-12-Fri  15:29:55

今週は、売り買い1:1の推奨でした。

買い銘柄 始値 引値 利幅
ニコン(7731) 1584→1611 +27
大日本住友製薬(4506) 775→821 +45

売り銘柄 始値 引値 利幅
ブリヂストン(5108) 1430→1386 +44
大日本印刷(7912) 1214→1261 -47

レポートでは毎週、売り買い交えながら銘柄を推奨します。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

先物OPデルタ 記事No.1939

2009-06-10-Wed  23:35:54

レポートではSQ直前解析をお送りしました。

090610232951.gif

これで明後日SQが終わると、すべてのポジションは解消されます。
今回は、SQ用に相当数のCALLが行使され、それは上昇動機になっていますが、
NYダウ、ナスダックの波動も転換日柄となっており、行き過ぎたトレンドの後始末は
大きなカタチで行われることになるでしょう。

SQまでは、先物は強引に動きますが、その後は、買いの理由が見つかりません。
とくにINDEXで、SQ用に上げられたものは、理不尽な動きをしてくるので注意です。

またノックアウトOPは、ザラ場で日経平均が1万円をつけると、権利放棄となり、条件成就です。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ