株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



新・儲ける方法2016-7 見えない壁に挑戦する方法 記事No.7626

2016-04-27-Wed  15:01:42

ここまでの連載でお話ししてきたように、新・儲ける方法では

テクニカル分析を使う

統計的に処理する

経験的ないい加減さを避ける

重要な指標だけを使う

その2つは移動平均線と壁である

ところまでお話ししました。

移動平均線に乗る、トレンドに乗る、のは、それが、続くトレンドならもちろん正解ですが、
それが、あらかじめ分かれば、世界がとれるほど、難しいものです。

その一つのテクニック、壁を観測することによって、トレンドが始まるかどうかを確認したい訳です。

その壁が、現在、高速取引で、作られている、いままでとは少し違った壁になっています。
その壁は、あるようで、ない、ないようで、ある、透明な壁です。
しかし、あるとき、ここを離脱すれば、向こう側について行かないといけません。
株式情報_2016-4-27_14-41-39_No-00

後ろ髪を引かれても、です。

この壁は上にも下にもあります。

上の壁を上値抵抗ポイントといいます。
下の壁を下値抵抗ポイントといいます。

もっとも大きな壁は前回の高値と安値です。
次に大きなものは、高値更新あと、押したところから反転して止まった壁です。
同様に、安値更新して、戻ったところから、押して止まって壁です。

これは、2011-2012年のドル円の相場です。
下が75円、上が、85円でした。
株式情報_2016-4-27_14-52-52_No-00

この壁を越えてどこに行ったのかを次回見てみましょう。




面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-6 見えない壁に挑戦する方法 記事No.7614

2016-04-25-Mon  17:01:58

前回まで
1 新・儲ける方法2016-1 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
2 新・儲ける方法2016-2 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
3.新・儲ける方法2016-3 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
4.新・儲ける方法2016-4 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
5.新・儲ける方法2016-5 アノマリーでの話を信じるか、見えない壁に挑戦する方法



誰だってトレンドだって、分かっていた、簡単です。
誰だって持ち合いだ!、って分かってら簡単です。

それが、分からない。
なぜなら、未来だからです。

それでも、繰り返される未来があります。
それは春夏秋冬。

しかし、そうは分かっていても、相場の場合は地球の様に正確な自転を行わないのです。

そこに、微妙にずれるサイクルがあります。
コンドラチェフって言う言葉を聞いたことがありますか?

約50年の周期の景気の循環のことです。

そう、500年間で、10回も回転しないものです。
それは、統計とは言えません。
十分でないからです。

つまり、50年単位でずれてしまえば、サイクルも、壁も何も見えないわけです。

しかし、もっと繰り返される小さな壁であれば、統計的に計れます。
何回、ぶつかったか?
何回跳ね返されたか?

それらを沢山計測することができるのです。
よって、これらのカウントは、移動平均の転換の、いい加減さ

=買い転換しては、売り転換し、止まってしまって、売り買いのサインが多発する
=移動平均について行ったが、いいが、このために、諦めてしまう。

このパターンより、言い訳です。

テクニカル分析の方法は沢山ありますが、重要なものに集中しなければなりません。

ここで一つ明らかに重要なことを言います。

自然科学では、観測要素が増えれば増えるほど正確になりますが、

相場は違います。
簡単に言います。
私は、移動平均線を50種類使っているんだよ!

は意味がないのです。

しかし、壁は、一つです。
それ故に、見えない壁を、可視化することが必要なのです。

たとえ、あなたが、壁のこちら側にいたくても、これを相場が超えれば、ついて行かないといけません。

株式情報_2016-4-25_16-34-41_No-00

今、市場は超高速取引の中で、この壁を作っています。

つづく・・・












面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-5 見えない壁に挑戦する方法 記事No.7603

2016-04-22-Fri  16:04:45

前回まで
1 新・儲ける方法2016-1 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
2 新・儲ける方法2016-2 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
3.新・儲ける方法2016-3 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
4.新・儲ける方法2016-4 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?



トレンドになるって分かっていれば、物事は簡単ですね。
どちらかに付けばいいので。

いつも悲劇で、日本の市場を売るのが、正解なら簡単ですね。
上に行けば行くほど、売ればいいのですから。

しかし、そういった場面が突然変わることもあります。

それが、壁を越えた場合です。

お話ししていた壁は、この流れが変わるかをチャートが考えるところで、その一つはモンタナンバンドのレッドゾーンです。

本日4/22の日経平均先物のチャートのブルーの枠、突入は4/19です。
株式情報チャート__2016-4-22_15-49-59_No-00

私たちは、あまりに頭が良いために、よく考えがちです。
チャートは、上に行っているが、ここは売りの場面、日銀は相変わらず孤立していて、またもや、CTAにやられるよ。

と考えます。

そいういう生き方は生き方でそれで良いのですが、今回、この連載はそういう生き方でなく、
統計が取れる生き方です。

この生き方がいいところは、
どこで間違えたか、どれくらい間違えているか、それをそのまま行って良いのか、
これまた、統計的に分かる、ということです。

ある意味人間的な感覚が薄れて、芸人的なものもなくなってきたて淋しいのですが、
将棋も、何も、そうですね。

PCトレードに勝てなくなっています。
それは、人間の知恵が、統計学にまさに負けていることを示しているのです。


次は、対処方・・・
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-4 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか? 記事No.7601

2016-04-21-Thu  17:04:31

前回まで
1 新・儲ける方法2016-1 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
2 新・儲ける方法2016-2 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?
3.新・儲ける方法2016-3 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか?



天井を計ろうとしたのがいけないのだ。
トレンドに乗るべきなのだ・・・と。

前回は、こうお話ししたわけです。
そうです!!
トレンドに乗るべきなのです。
サーフィンと同じです。
(軽いのりで)
岸まで一気にいけるのです。
ですから、トレンドに逆らわず乗っていくのが、大正解なのです。

それにみんな気付いていません。
天井や、底ばかりを追っかけています。
そうです。
そんなものを追いかけずに、トレンドに乗るのです。!!

はい。広告は終わり。
しかし、この連載は広告ではないので、続きます。

トレンドに乗る!いいですね!!正解です!!

それが、トレンドってあらかじめ分かればね!!!

あらかじめ分かるような確実な状況なら、それがトレンドにならないくらい一気に上がります。

2011/03 日経平均先物
株式情報_2016-4-21_15-10-0_No-00

はい。トレンド!って分かるくらい、確実な時は、その後がトレンドになるかどうか、分からない時点まで
一気に動きます。どーしますか?

トレンドに乗れば、いいですか?
トレンドって分かればね。それは乗った方がいいに決まっています。
でもそれは、可能性の問題で、極めて不明確です。
どれくらいか?60%もないでしょう。

そうです、勝率はそんなもの。
問題は、天井やトレンドや、持ち合い場面を、当て続くけることではなく、

総じて、徐々に勝っていくことなのです。
時には、トレンドでしょう。
時には、持ち合いでしょう。

では今は、上値重いですか?トレンドですか?

今は、トレンドの可能性が高いです。
なぜなら、抵抗ポイントを取ってきたからです。
それでも、可能性、
それでも、高いとみるのです。

それを、ここは確実に、とかはないのです。
魔法の罫線はないのです。

で、あるのは、確率だけです。
例えば、トレンドが出る、つまりどちらかに行く、と仮定します。

それをチャートから読み取る訳です。

重要なのは、ここで、チャートでは、買いだけど、相場がわるいからな!と言わないことです。

それは、チャートをもって、チャートを見ていないことと同じです。

言わば、アノマリーを信じるなら

毎年4月の安値は買いって言うけど、今年は、こんなG20だから、買えないね、
と言わないで、

単純に、アノマリーで買う、でいいのです。

それが統計、それがチャートというものなのです。

次は、見えない壁・・・・・ の話です。・・・


株式投資 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]
株×ブログ!銘柄NAVI

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-3 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか? 記事No.7598

2016-04-21-Thu  00:05:12

前回まで
1 http://kabublog.jp/blog-entry-7590.html
2 http://kabublog.jp/blog-entry-7595.html


王道を行く、ということが大切なのは、分かりました。

でもこういうかも知れません。

株は、底で買って、ピークで売る。
それを繰り返すのが、王道だと。

確かにそうです。
しかし、それは、底って、分かって言えれば、です。
確かにそうです。
天井って、分かっていれば、です。

そこでもう一度言いましょう。

天井って分かっているとすれば、それはなぜでしょう。
なぜ、300円の銘柄が、400円になった時点で天井と分かるのでしょう??

株式情報_2016-4-20_23-21-53_No-00

どうですか?このチャートは天井ですか?
俺なら、売りですか? 買いですか?
典型的な天井ですか?

実際はこうです。
株式情報_2016-4-20_23-22-9_No-00

これが本当の天井です!!
ですか??
本当に、売りですか?
俺なら上髭で売り、これですか?

実際はこうです。
株式情報_2016-4-20_23-32-18_No-00

なるほど、ここまで待てば天井って分かるわけですね!
それで売りですか?

実際はこうです。
株式情報_2016-4-20_23-36-22_No-00

ここまで天井、天井と、典型的なパターンを待ちましたが、外れました。
売りではなかったわけです。
そして

ここで

ようやく、下の出来高を見てください。
一番できています。
この大きな陽線で、大きな出来高こそ、典型的な天井形成のパターンなのです。

それで ?
実際は ?

株式情報_2016-4-20_23-39-20_No-00

そっかあ。
成長株ってやつだ!

でももう遅いです。
成長株の天井を気にしていたわけですから。

なんで天井で売るんだよ!!
とあなたは言うかもしれません。
しかし、天井は分からないのです。

それは誰にも分からないのです。

そこで、こう思います。
天井を計ろうとしたのがいけないのだ。
トレンドに乗るべきなのだ・・・と。

つづく・・・・

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-2 アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか? 記事No.7595

2016-04-20-Wed  11:43:54

前回まで、まず、儲けるためにしておくべき認識を確認しました。

チャートを使って、
統計的な処理をし、
同じやり方で、
相場のブレを甘受する。

でした。
その理由も説明しました。
ここでもっとも大切なのは、これらは、裏技ではなく、王道だ、ということです。
そして、さらにもっと大切なのは、
裏技でも、いいです。それで儲かるなら!!
しかし裏技は禁止されている、ことを思い出さなくてはいけません。

そこでちょっと裏技についてお話ししましょう。

ここからは、論理の話です。

確実に儲かる投資方法があった!とします。
しかし、それが確実なら、ゴールドマンがもうやっています。
野村の投信もやります。
さらに苦闘してる年金基金もやります。

実例でいえば、
昔100億円の給料をもらったファンドマネージャーがいました。

2004年のことで、話題になりました。
言わば100億円以上儲ける方法です。

手法は、小型値がさ株を買い、大型株を売る、という、裁定取引に似た、売りと買いを交えた手法でした。
大成功でした。
しかし、その後、そのファンドも運用資産が1/15になりました。
次の年からでては来ません。

それはなぜでしょう。
それは同じ方法を、他の投資家が全て行ったからです。

安い小型が、すでに高くなり、高い大型が、すでに安くなってしまったのです。
それでは、ポジションが取れませんね。

つまり、成功した方法はすぐに真似をされ、効果がなくなります。
市場というのは、それ程甘いところではなく、
一年で100億稼いで、10年続けて、1000億稼げるところではないのです。
ただし、
同じ方法で。

この具体例を持って、特別な方法が存在しないことが分かりましたね。

簡単に言えば、グーで連勝してきたのは、相手が、チョキしか出さなかったからで、それが知れれば、
相手は、パーを出してくるのです。
ましてや、向こう側に、ゴールマンがいます。

それで、整理しましょう、裏技はありません。

あ、一つあります。
確実な情報を手に入れることです。
入ります。その情報。

その代わり、それはインサイダーとなって、処罰を受けます。

ないのです。確実に儲かる方法。
というか、あってはならないのです。
それは、錬金術と同じです。

金は、すでに現代の科学で、太陽より大きな惑星が消滅するときの圧力がなければ生まれないことも
分かっていて、化学反応では無理ですね。
それは、今分かったことで、昔は、それを魔術師はもとめたものです。

しかし、仮に、そういう方法があったとしましょう。
その時、金は、3000円から、30円になるのです。
分かりますね。
すべては、効率化するのです。

今、ラーメン屋をやる人はいません。
ラーメン屋、とか、カフェとか、流行るよ!って言うのは、浦島太郎だけです。

すでに、市場は効率化されてしまっています。
でもビジネスなら、その効率化に時間がかかりますから、いまならまだ、流行はじめのものは、儲かるかも、です。
しかし、
株式市場、先物市場、FX市場、すべての金融市場は、光の速さで、効率化しますよ。
秘密の手法が使えません。

王道を行く意味はここにあるのです。

では次に・・・つづく・

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新・儲ける方法2016-1アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか? 記事No.7590

2016-04-19-Tue  17:51:31

儲けるために必要なことを列記していきます。
だれも触れないことが非常に重要であったりします。

まず、チャート分析がどうして良いか?です。
答え:統計がとれるから。 です。

例えば、俺だったら、あの高値売ってたよ、みたいなだったら系を、計算的に排除できます。
精査すると、俺だったら売ってたかも知れないですが、その前に、俺だったら、

■■ とうの昔に売り去って持っていません。 ■■

これは、錯覚なのです。
チャート分析はシミューレーションが要です。
それで、曖昧な感覚を排除します。

それは本当に儲ける方法で、儲けた気持ちにだけなる こととは違います。

これが一つ。
次に、同じ意味で、考え方を一つにします。

株は、売りか、買い、しかありません。

一つの分析なら、どちらかでます。
しかし、100の分析で
60個は買い、
40個は売り
の時どうしますか?

60%買いますか?
では、ここでパラドックスを提供します。

80%で買い、
99%でも買い、
とうとう、全てのシグナルが、100%買いになりました。

・・・それは買い?ですか?本当に? 
ピークって言うのではないですか?

このように、すべてが、強いことを数で計ることはできないのです。
100の分析より、3の分析の方が実用的です。
そして、さらに、数が多ければ、それは答えがでないことになるのです。

ここまでで、
チャートを使用する、
一つの分析法、考え方に絞る、
まで確認しました。

次にです。
重要なのは、許す、ということです。
人生と同じ。

許さない、ということは、相場解析に100%を求めるということです。
それが無いことは分かりますね。
勝率は、何%でしょう?
どれくらい儲からない時期もあるでしょう?

前者は、60%を越えることは難しいです。
もし、80%の勝率分析法があれば、複利累乗となって、100万円はすぐに100億円をも越えます。
80%の勝率とはそいうことです。
それを、向こうは許しますか?

そこでこれがあるように感じている投資家に伝えましょう。

ジャンケンで8割勝つ方法

相場で8割勝つ方法
は同じです。

なぜなら、負ける相手がいない限り、あなたは、買えます=株価を上げる、ことはできますが、
売り逃げられないからです。

これは、一時の仕手相場と同じです。
仕手筋は、特定の銘柄を、集中的に買っていき、どんどん値を上げます。

**いまは禁止されています**

それで、発行株数の20%以上をも集めて100円の銘柄を1000円まで買い上がります。
自分の銘柄が10倍になるのです。
では、それは儲かった、ってことでしょうか?
いや。
それを儲かったとするためには、1000円まで買った銘柄を、1000円で売らなければなりません。
1000株なら売れるでしょう。
しかし、発行株数の20%の株を、1000円で売れますか?
買い手がいません。
買い手がいるまで価格を下げれば、それは、平均買値を下回ります。

上げることは誰でもできます。
しかし、裁けないのです。

つまり、そういう美味しい話はない、ということ。
仕手筋の情報を知っていて、儲けるには、先に、自分だけ売り逃げないといけません。
それを仲間割れ、というのです。

つまり、市場を騙しつづけないといけません。
ジャンケンでしょう?

8割の勝ちはないのです。

では確実にある、勝ちはなんでしょう。
それが、公定歩合です。
0.5%なら
100回やって、50.05回勝ちます。
昔は公定歩合8%でしたから、
100回やって、54回勝って、46回負けたのです。

さて、それを以下に、50%以上に持っていくが投資方法です。

それでは、儲からないように見えますが、
55%の勝率はとてつもなく、大きなものです。

もう一度いいます。
こういう計算をできるからこそ、テクニカル分析なのです。

さて、勝率が、それ程高くなければ、一本調子では上がりません。
その時期にこういう時期があります。

あなたの勝率が50%の時のコンピューターシミュレーション

株式情報_2016-4-19_17-37-3_No-00
運が良ければ、こんなもの。

株式情報_2016-4-19_17-36-42_No-00
運が悪ければ、こんなもの。

株式情報_2016-4-19_17-37-22_No-00
大抵はこんな収益ラインで、いったり来たり。

しかし、です。
もし、勝率が55%ならどうでしょう。
大抵、このようになります。
株式情報_2016-4-19_17-37-34_No-00

さて、そんな勝率を求めなくても言い訳ですが、そんな勝率に惹かれます。
それはない!と断言しておきます。
あれば、グーグルの資産をすぐに越えています。

それでも、遙かに大抵の投資家が、儲からないのは、
二つの理由があります。

一 反対を行うからです。
二 やり方をすぐに変える。

これは同じようなものですが、とくに、感情に流れれば、反対を行きます。

さて、足早に説明しましたが、ここまでで、非常に重要なことが分かったはずです。

チャートを使って、
統計的な処理をし、
同じやり方で、
相場のブレを甘受する。

そうすれば、おもったより、長い、ブレのあと、おもったより、大きな利益が生まれます。

では、次は実際にどうするか?
です。・・・・・・・
でも、このことを覚えておいてください、
これは永遠の基本で、忘れてはなりません。

次は、テクニカル分析取り扱いの方法です。

つづきはここをクリックしてお待ちください。

人気ブログランキングへ

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ