株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



モンタナバンドの見方5 記事No.7627

2016-04-27-Wed  17:46:41

この頃連載している、儲ける方法の、壁の話ですが、モンタナバンドの壁は、このレンジです。

昨日の記事
補正予算は、景気浮揚には使わせねえ! 記事No.7621 2016-04-26-Tue  15:13:13

大引けあとのこの記事で
株式情報_2016-4-27_17-2-59_No-00
とお話ししましたが、今日の相場は
株式情報_2016-4-27_17-3-19_No-00
となり、実際の日経平均先物の安値は、17230円でした。

このように、モンタナバンドは、前日の、その抵抗ポイントを計測します。
この計測値を毎日お伝えしているのが、WEB動画サービスです。

先物でのポイントを解説しておりますので、是非ご利用ください。
http://www.888.co.jp/web.html
web0427.jpg 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

モンタナバンドの見方4 記事No.7612

2016-04-25-Mon  13:20:33

モンタナバンドでは、レンジに乗っていることが意味がありますが、このレンジの中にいるか、いないかで状況が変わるため、
どのポイントが、レンジの上限か、下限かを推計します。

特徴として、それらが、前日に分かると言うことです。

ドル円 日足
株式情報_2016-4-25_12-13-8_No-00

例えば、このドル円は、金曜日に上値抵抗ポイントのうち、もっとも高い最終上値抵抗ポイントが111.96円とでています。
これは、これ以上が行き過ぎであり、ここが、重たくなるポイントであることを意味しています。

実際の金曜日のドルの高値は111.81円です。
しかし、この金曜日の上値抵抗ポイントは木曜日に出ている数値です。

同様に本日の上値抵抗ポイントが金曜日に算出された111.96円で、ここを超えることは、今日は難しいのです。

これらの統計的処理を行うのが、モンタナシステムであり、それを見るのがモンタナバンドです。

◇基本的なモンタナバンド自体の意味は◇
http://www.888.co.jp/theory-montana1.html
を参照ください。


面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

モンタナバンドの見方3 記事No.7606

2016-04-19-Tue  13:27:01

モンタナバンドの見方3

以下の解説でお分かりのように、モンタナバンドには、

◇レッドゾーン

◆ブルーソーン
があります。

特徴は、このレンジを離脱すれば、次の逆サイドのレンジまで抵抗ポイントがなくなり、動きやすくなる、
つまりは、転換しやすくなるということです。

レンジに乗る→レンジ継続→レンジの方向が大切
レンジ離脱→反対側のレンジがターゲット

という流れです。




面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

モンタナバンドの見方2 記事No.7580

2016-04-18-Mon  20:41:32

前回
モンタナバンドの見方1


前回は、抵抗ポイントがあらかじめ示されるというお話しでした。

例えば、今日の下値抵抗ポイントは、金曜日に決まっています。
金曜日のドル円から、月曜日の抵抗ポイントをみると
株式情報_2016-4-18_19-49-39_No-00

本日のドル円安値は今のことろ107.84円です。
金曜日に計測した今日の下値抵抗ポイントは、このチャートとおり、107.82円です。

このような抵抗ポイントを示している基本的なモンタナバンド自体の意味は
http://www.888.co.jp/theory-montana1.html
を参照ください。

またこのFXレポートを毎朝、ドル円の動きを動画で解説しています。
月々4500円、はこちら。
カード決済 10日間は無料です。
株式情報_2016-4-18_20-39-40_No-00

面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

モンタナバンドの見方1 記事No.7568

2016-04-17-Sun  00:10:31

モンタナバンドの見方1

モンタナバンドは正規分布を使ったチャートシステムですが、大きな特徴として、
前日(一つ前の足)において、次の日の抵抗ポイントが確定しています。

例えば、NYダウが 4/13 に17752ドルという抵抗ポイントを取り、その後、上値を伺う動きとなしましたが、
この4/13 に トレンドの基調が変わる転換点としてあげた17752ドルは
前日の4/12に確定します。

NYダウ 日足
株式情報_2016-4-17_0-5-0_No-00

例えば日経平均先物は4/16(金)に4/18(月)に守るべき抵抗ポイントが決まっており、

日経平均先物 日足
株式情報_2016-4-17_0-7-29_No-00

16774ドルを取れなければ、また軟調な展開となります。
それが前日の引けで確定するのです。
つまり、重要なポイントは、この次の日の抵抗ポイントであり、これが、あらかじめ推定できる、ということです。

なお、基本的なモンタナバンド自体の意味は
http://www.888.co.jp/theory-montana1.html
を参照ください。


つづく・・・ 面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ