株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


儲ける方法実践編 2 記事No.6352

2015-04-17-Fri  07:59:09

儲ける方法実践編 2
http://kabublog.jp/blog-entry-6343.html


まず、儲ける方法の実践編1を読んだ方は、この2へ。

さて、実際に儲けてみよう。

ここに特別銘柄を2つ入れた。
速攻銘柄でもあるが、成り行きで買わないこと。

ただし、限定記事なので、PASSがいる。
↓(注)限定記事は株式 ブログランキングへ←をクリック、入って当ブログの紹介文にある、記事PASSを入れて見て下さい。

特別記事 無料年会費捻出銘柄
http://kabublog.jp/blog-entry-6351.html


これらの銘柄で、年会費を稼ぐことが第一だが、間に合わない方は、
この決算発表時期に、株式会員に先に入会するのがお薦め。

なぜなら、この時期は、年間でもっとも、銘柄が入れ替わる時期であり、
その情報が、一気にでてくる時期であり、
そのために、速報情報がいるからだ。

今まで寝ていた銘柄が一気に吹き上がる。

今週は、前回の限定記事でも入れた、ソフトバンク(9984)が反転のトレンドを始めた。

株式情報_2015-4-17_4-20-23_No-00

ただし、これらの銘柄は、ポートフォリオの中心には、ならない。
中心はこれから発表される好業績銘柄であるからだ。

それで、この3月に決算を終えて、市場は、あらゆる銘柄を入れ替えてくる。

その新規に、ファンドに入り込んでくる銘柄を狙っていくのだ。

ただし、ここで問題が、ある。

投資で儲ける方法の第一は

みんなと同じタイミングで買わない



みんなと同じ銘柄に乗る

ということだ。これが最大のポイント。

この4月でも化学と1000番台でいい銘柄が出てきている。
それらを同じタイミングで買ってしまっては、儲からない。

誰よりも早く拾うか、安い株価をすくうか、のどちらからだ。

ソフトバンク(9984)は、立ち上がりの時に、週足の最終上値抵抗ポイントを取ってきが、
これは、チャート上に買い転換が現れたため、誰よりも早く買えたというとになる。

しかし、このような銘柄が本格的に上がるのは、このあとの決算発表を待ってだ。

では、この決算発表で一番問題なのは何か?
というと、

一時的な好決算では意味がない、ということと、それが織り込まれいても、意味がない、
ということだ。

どちらにしても、忙しい季節になる。

株式オートマトライアルでは、この好決算の銘柄を指し値で拾っていく。
トライアルについての記事

また株式会員は,押し目を狙っていく。

NYダウや、ナスダックは、GWに高値を付けてきそうだが、海外を追っている場合ではない。

速攻銘柄が多数でる、一年で一番忙しい時期に、いよいよ、儲ける方法を始める。

この連載は、もう一度いうが、

儲けるため方法だ。
それに必要なのは、知識もそうであるが、

儲けたい、という強い意志だ。

投資情報は沢山あるが、それは、乗り換えるべき情報も含まれている。

強い意志があるのなら、この時期に、切るべき物は切り、反り返るべきものに、乗り換えるのだ。

決算発表を終えれば、ファンドも覚悟がついてくる。

前回の連載で儲ける方法2015、仕組みを数学的に追った。

今回は、その数学的に有利な条件で、銘柄を決めてい話だ。

次回に、儲ける方法2015 でどんな確率で、いけない投資が、存在するのかを検証していく。

ただし、実践では、大切なことは、やる!ということだ。

絵に描いた餅、では稼げない。
理論を学びながら、実践の銘柄を仕込んでみる。

初心者の方は、まず、やってみる、という姿勢を忘れずに。

それは、先物市場でも同じだ。いよいよ攻める時期がきた。

日経平均先物 日足
株式情報_2015-4-17_4-20-23_No-00

下値抵抗ポイント19730円から狙う。
先物での、完全返金保証のトライアルもやっています。
トライアル説明ページ

では、次は、確率の話・・・・・2015で。
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

儲ける方法実践編 1 記事No.6343

2015-04-14-Tue  21:46:38

2015年版の儲ける方法は 実践編1

今年は、金融緩和の第二波動のサイクルにはいる。
この第二波動の特徴は大きくぶれる、ということである。
その分、大きく上がる。
その分、大きくぶれる。

このブレには2種類があって、一つは、値幅。
一つは、銘柄となる。

前者は、説明不要で、ボラティリティ-がさらに上昇するということである。→A

後者は、銘柄が、交代交代となり、売られる銘柄と買われる銘柄が極端となる。→B

さて、これらから、

1:Aの部分で、レンジをモンタナバンドで算出しながら、先物OPで儲ける。

これは日経平均先物のチャートで、日足
株式情報_2015-4-14_21-10-41_No-00

モンタナバンドでは、前日にレンジが分かる。
例えば、明日のレンジは、19704-20206円となる。
この下値抵抗ポイントで買い、上値抵抗ポイントで売る。
これを繰り返す。
ボラティリティーが上昇あうる=レンジが大きくなるであり、この値幅を取りならが、レンジの外のOPを
売っていくという手段だ。
OPの有効性については、別の機会にお話しするが、先物だけでも、このレンジの抵抗ポイントを
重視してポジションを取る作戦が有効だ。

2:Bの部分で大きな上がれに乗るためには、極めて、計画的に、情報収集された、個別株の安値を
じっくり取っていくことだ。
すでに2年間もこの株ブログを見ていれば、分かるが、例えば、

カカクコム(2371) から始まって
株式情報_2015-4-14_21-32-44_No-00

一休(2450) 
株式情報_2015-4-14_21-33-7_No-00

昨年春からの
OLC(4661)
株式情報_2015-4-14_21-34-20_No-00

などはこの株ブログの過去記事を読んで頂くと、どれくらいしつこく推奨してきたかが分かる。

また、2年前の那須の欧州ファンドマネージャー会議で、向こうの機関投資家を決定した
銘柄は、今はもう、お分かりと思うが、任天堂(7974)だった。

これはここでも、どんなにか、推奨したことか。欧州とまで出して。

任天堂(7974)
株式情報_2015-4-14_21-30-58_No-00

ただ、少しだけ時間がかかっただけだ。

さて、その他、東京製鐵(5423)も、300円台から2000円目標。

知り合えですら、ふん!、という感じだったらしいが、ここまで来ると、本当にそうかも知れないと
思ってもらえる。
ここでは、ものが違う、とお話しした、しつこく言ってきた銘柄だ。

さて、このような銘柄の調査は、業績だけではない。
機関投資家と、市況が、合い重なって、初めて動きだす。
それでも、長くは待っていないはずだ。

だから、今、昨年のこの銘柄の安値を買えたのがこの時期であったように、ここで、
そういう銘柄を仕込みたい。

だれもパナソニック(6752)の400円割れは、ふん!と言っていたのだから。
業績が悪いって!。だから安いのに。
業績が良くて高い銘柄は、株主が買う銘柄で、投資家の買う銘柄とは違う。

そういう時期が今。

そのために、この二つの方法は、今が仕込チャンスなのだ。

各会員
取引イメージ
申込み
各会員 30万円(年間)+成功報酬20%

今だったら、本当に安く買える。
そう去年も、一昨年も、そういう銘柄をここで話した。

今年は、一緒に、これらを狙ってけたら、最高のパフォーマンスになるのだが。

お待ちしています。



面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ