株ブログ・おすすめ株で投資相談・東京総合研究所の投資アドバイス|20年現役ファンドマネージャーの株式情報

        

株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ 株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


投資相談、ライブチャットで。 記事No.8284

2017-09-22-Fri  10:25:53

まずは、チャットか、メールでお問い合わせを。
LIVE chat ここ(ご相談、ご質問)

FOMCの後の動きは、NYダウは今後特に注目される。

ミサイルより重要な問題を金融市場は持っているからだ。

今金融市場は、北朝鮮も、金利上昇による、予測不可能な未来も、
コントロールできるとして動いている。

政治は、その分、良いように国民を誘導し、薄氷の未来はますます薄い氷の上にのる、

この表は、OPリベンジダブルインカム(OP3枚のみを使用)して、11月頭までどれくらい儲かるか、
シミューションしたもの。
株式情報_2017-9-19_13-56-14_No-00
どこまで届いて、どこまで届かないか、はモンタナバンドの抵抗ポイントによって、日々変わる。
今はこのチャートのレンジ。
今回は11月までに70万円を目指す戦略です。
またOPだけですので、リスクは通常の1/2程度に抑えられます。
その代わり、3日で100万円という訳にはいきませんが。

OPリベンジお申込みは ここ
お申し込み時に、OPリベンジダブルインカムで、とお伝え下さい。
通常の2倍OPのプレミアムを取っていきます。

今簡単に500円動くので今後、ザラバ取引もできそう。
まずは、チャットか、メールでお問い合わせを。

LIVE chat ここ(ご相談、ご質問)
chat0919.gif

OP分からない方は、まず、先物OP入門で学んでください。無料メルマガで、バックナンバーも読めます。
先物OP入門 無料メルマガ
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

米国10年債がトレンドを変えても、株式市場は無傷かどうか? 記事No.8283

2017-09-21-Thu  10:22:49

人類市場例を見ない、マイナス金利によって世界を支えてきたのが黄色い線

債券の価格だ。

米国10年債
東京総合研究所株式情報_2017-9-21_9-45-36_No-00

この緑の移動平均線が、経済を引っ張ってきたといっても過言ではない。
これは市場に資金が流れ続けているということを示している。

景気がいいのは、資金があるからで、
景気がいいから、資金があるわけではない。

本来景気が良ければ、資金は締まる。
それで、本当に、資金に頼らない景気がどうかが試されるのだ。

ちなみに上のチャートに NYダウ(赤)を重ねると、この債券価格上昇(金利低下) が条件であることが分かる。

東京総合研究所株式情報_2017-9-21_10-13-28_No-00

空前の仮想通貨もこれに支えられる。
今日から、新しい日が始まる。
それは、FOMCが、いよいよ、正常化へ舵を取りだしたからだ。

日本が金利面で後追いするのが、相当あとだが、まず、消費財は上がる。
今日の夜のこの結果受けた

史上最高値圏にある、NYダウの動きが注目


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ、金利転換場面か、ならば、NYはどうなる? 記事No.8282

2017-09-21-Thu  09:26:47

昨日、FOMCが

今までの超金融緩和政策を戻すステップをはじめると、宣言した。
これにともない、12月の利上げの賛成が多く、市場の予想より、FOMCは緩和縮小ペースを早める

ということでドルが急伸した。

問題はこのあとの債権の動き、これを追ってみたい。

またOPはここから止まれば、

CALL売り+先物買い を入れていく予定。

ただ、今は3空という、ピークの形がでているので、これが落ち着いて
再度、PUT売りか。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ここから、軽い押しならPUT、思い押しなら、Call、それぞれを使い分けた戦略可能。 記事No.8281

2017-09-20-Wed  16:05:35

結局、北朝鮮が、水爆実験をしたところから、上がるという、奇妙で異常な相場は、どこかで逆現象を起こす。

見ていると、アベノミクスも、トランプ経済も、同じ要素で作られていて、まず、物価を上げるために、
完全に株価と不動産を上げ、それにたの経済を追随させたいという狙いだ。

ニワトリと卵の話では、ニワトリこそ先であり、経済が堅調だから、物価が上がるのではなく、
物価を上げるから、経済は堅調になる、と言う話。

これは、北朝鮮問題を問題にしないから、北朝鮮問題は、解決される、とするのと同じ。
こんな相場で、まともな銘柄はいけない。

今日の相場、一発見はこれ
株式情報_2017-9-20_15-55-11_No-00


実践、本当に分かる先物OP入門メルマガでは、細かいところでも実際に必要な話を網羅。
①から読めます。

株式情報_2017-9-20_14-37-2_No-00

↑登録はこちら
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=536&g=25&f=49





トライアルはこちら 2割引の方は こちら

みんなはここをどう読んでいるのか↓



関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ