株ブログ・おすすめ株で投資相談・東京総合研究所の投資アドバイス|20年現役ファンドマネージャーの株式情報

        

株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←

→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←

乗り遅れてはいない。まだまだ。 日経平均先物OPもこれからが、収益ところ 記事No.8731

2018-06-18-Mon  23:19:22

すでに先週から、先物、OPのポジションを無料リアルタイム公開し、さらに

2枚までのトライアルでも、今週、大きく成果を狙う、としております。

投資額を決めて投資したい方は、以下の投資額別トライアルに申込みください。

stocksinfo_2018-6-18_23-9-46_No-00.jpg
stocksinfo_2018-6-18_23-10-46_No-00.jpg

さて、NYダウ 日足GMMA売り転換となると、値幅大きくなります。

NYダウ 日足
stocksinfo_2018-6-18_23-13-19_No-00.jpg

日経平均先物OPトライアル 投資額別

応援クリックもよろしく お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


コメント: 0
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 株ブログ 日経平均先物 NYダウチャート

日経225先物 実践・仮想通貨は、ドラゴンボールかの巻2 記事No.8730

2018-06-18-Mon  17:17:08

仮想通貨は、ドラゴンボールかの巻1

先ほど、行いました、実践のトレード例によって解説します。

「今、22,680円ですが、ここで、日経平均先物を1枚売ってみます。」

証拠金66万円を使って、22,680円で売りました。

これを後で決済するとどうなるでしょう。

今、22,620円ですから、

売り値 22,680円- 今、決済するとすると22,620円=60円 です。

この60円は、1,000株なら(つまり株式なら)6万円となります。

先物の場合は、1枚=(1,000単位)ですので同じ6万円です。

6万円の儲けです。

株ブログでが日経225先物の投資情報で、入門編、実践編を今、連載しています。

仮想通貨は、実際には、レバレッジありません。
日経225先物は、34倍のレバレッジです。

ただ、仮想通貨と日経225は現物でないことが共通です。

しかし、次の点で大きく異なります。

仮想通貨は、仮想のまま終わることがる。 例:上場しないとか。

しかし、日経225先物は、仮想のまま終わりません。
今、仮想なだけで、やがて、現実の価格に、合体します。

それをフュージョンって言っています。冗談です。
SQ決済って言っています。

つまり、SQの日に、この日経225先物は、現物の日経平均の価格になるんです!!。

また報告します。


コメント: 0
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 株ブログ 日経225先物 投資情報

いまさらなんで、なんなんですが、すでにお伝えしてあります。 記事No.8729

2018-06-18-Mon  14:39:20

先週から、6/12の会談が終わったら、ヘッジ開始とお話ししてあります。

売りで短期で回すこともお話ししてあります。
そのコースも設定しました。

そろそろ目覚める時、万年買いでなく、時には、売り、時には先物でヘッジ。

stocks_2018-6-18_12-55-48_No-00.png

先物OPは今週、おおきな利食いに入ります。
これもお話ししました。

ただ、買いたい人は、欲望は満たせたでしょう。
買うな、ととめられた人は、イライラしたでしょうけど、すこし得した気分にいると思います。

このお話しをしています。
そもそも、システムでは、今回、日経平均先物のブルーゾーン抜けから、売りを入れると言っていたのですから。

東京総合研究所株式情報2018-6-18_12-59-50_No-00

さて、強調したいのは、この2007年以来、1億0800万円の利益をたたき出す、モンタナチャートでも、
その勝率は

58% にしか、過ぎない、ということです。

確実なものは、なく、すべては、可能性を計れるかどうかだけにかかっています。
その方法は、
高いところを買わない、安いところを売らないです。

次の下値抵抗ポイント到達までは見送ります。

相場に、理屈を求めてはいけません。

なぜ、あなたが、赤が、すきなのか、なぜ、バナナがすきないのか、
を説明するようなものだからです。



コメント: 0
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

仮想通貨は、ドラゴンボールかの巻1 記事No.8728

2018-06-18-Mon  10:24:55

昔、ここで、ターミネーター2のサイバーダインについて、未来を予知していると書いたが、
事実、Googleはそうなっている。

全世界をコントロールするために、まず、個人のデータ管理、操作をしやすいようにしている。
ターミネーター2の時は、そんな大げさな、と思ったものだが、実際はそうなっている。

では、ドラゴンボールはどうか?

まず、ドラゴンボール自体がない。
ので、だから、全く関係無いか、というとそうでもない。

彼らの仮想現実と現実を行き交いさせてしまう術は=つまりは、物語の作り方は
現代にはびこっている。

デリバティブが、現実の経済を動かし、
仮想通貨が、実際の通貨に影響を与え、
さらに、仮想現実が、実経済に影響を与える。

仮想現実の良いところは、
前回の連載でも書いた、リセットできる、ということだ。

では、その最たるもの、仮想通貨は、ドラゴンボールのように、儲かるのか?

答え:儲かる!!
答え2:但し、発行者側のみ。

いま、またICOは盛んだ。
これは、発行者側のドラゴンボールであって、一気に、現実世界を助ける。
凄いね、ドラゴンボール。

さて、発行者側でないのなら、投資家としては、現実の中で動くことしかないが、
せめて、デリバティブは行いたい。

先物OPが、現実の世界でないものを提供し、さらにそれを現金まで現実化させてくれる。

考えて見れば、この仮想未来を取引するシステムは、

米相場、から始まっているって、さすが、日本の想像力はアニメを生んだだけある。

その先物OPであるが、まず、先物の話から行く。

詳しくは(手続き、規約、方法など)
http://www.888.co.jp/blog

に書いたが、ここでは、もっとかみ砕いて、仮想現実の取引を解説します。

まず、今、66万円あると、日経平均先物 1枚買えます。
66万円あると、日経平均先物 1枚売れます。

先物なので、売りからでも、買いからでも入れます。
これ以上は簡単に言えませんが、

買った場合、上がった方が儲かり
売った場合、下がった方が儲かります。

今、22,680円ですが、ここで、日経平均先物を1枚売ってみます。

これは、引けでいくらになったか報告します。

なお、ここで、66万円いるというのは、現在の規定の差し入れ必要金のことです。
証拠金といいます。



コメント: 0
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

今週からドル円の動きにさらに注目。仮想戦争の話。 記事No.8727

2018-06-18-Mon  09:00:08

そう言えば、スタートレックのエビソードにこんなものがあった。

未来が相当合理的になって、実際には、戦争などしない。
しかし、
戦争したらどうなるか、をシミレーションして、犠牲になったその数を算出、相手側、こちら側の、人民を殺す、と
いうものであった。

だから、仮想戦争だ。

スタートレックはなんでここまで未来を見てしまえるのだろう。
素晴らし過ぎ。

それで、今回も仮想戦争が始まる。
それをやっているのは、トランプで、
実際に、戦争になって、建物も壊れたら、無意味でしょ、だから、戦争になったら、こうなるって結果だけ
お互いに納得して受け入れよう、というものだ。

それで今回は、移民を受けいられないのだから、なにかを犠牲にしろと、
安倍んベンジャーズに迫った。

仮想戦争の始まり。

今日はドル円と眺めて、日経平均先物を見ておく。

買いたい人は、買う。売りたい人は売る。
でもその確率はいつも五分五分。




コメント: 0
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 株ブログ 日経平均先物 NYダウチャート おすすめ株